About

KUMARIAIRで制作、販売している「フライトログブック(Flight Log Book)」とは、飛行機ファンが搭乗の思い出を残す記録帳のようなもの。
飛行機ファンの夫婦二人が、自分たちで使いたいオリジナルのノートを試行錯誤した結果、この形になりました。

内容はというと、搭乗日や座席番号、フライトマイルや天気、気温、飛行経路、 出発空港や到着空港など、後になると忘れてしまうような細かな情報が書き込めます。

自分で記入するのはもちろん、CAさんにお願いして書いてもらってもOKです。
メッセージ欄にはCAさんからのメッセージをいただいたり、自分のメモを残したり。
メモ欄にはチケットを貼ったりスタンプを押したりするのはもちろん、CAさんへのメッセージを書いて渡すと喜ばれます。

後から見返すと、そういえばこんなフライトだったな、とか、この機材はもう退役したなぁ、とか、忘れがちなフライトの記憶が引き出せます。

お子さまの初フライトのためにご購入いただく方もいらっしゃいます。 初めて乗った飛行機のことを、どうぞ書き留めてあげてください。

ほかにも、耳の不自由な方から「CAさんとコミュニケーションを取るのにすごくいい!」
苦手な飛行機から「フライトログブックで飛行機を楽しめるようになりました!」等など想定外の嬉しいご報告をいただき、ニヤニヤしている次第です。

なお、当フライトログブックを模倣した商品に「記念品がもらえるログブック」などという触れ込みで販売しているものがございます。
フライトログブックのフォーマットは当方のオリジナルであり、KUMARIAIRはグッズを貰うためにフライトログブックを販売しているわけではございません。
あくまでも、思い出の記録とコミュニケーションを取るためのツールとしてお使い下さいますよう、お願い申し上げます。

How to Use

座席番号や航空会社などの情報はチケットに書いてあるので、それを見ながら記入します。

「Flightradar24」や「空見さん」などのスマホアプリでも色々な情報が分かります。

分からない部分は、その箇所は空けておいてCAさんにお願いしてください。
その際、大きめの付箋に氏名と座席番号を書いてページに貼っておくとCAさんが分かりやすいです。

外国人のCAさんにお願いしにくい場合は、座席のモニタに航路などの様々な情報が出ていたりするので、それを見ながらほとんど埋めることもできます。

フライトログブックをご購入の方みなさまに、簡単な使い方や注意事項を書いた紙を同封していますので、初めての方もご安心ください。

Products

様々なニーズにお応えするデザインを製作しています。ご購入は https://kumariair.buyshop.jp/ にてどうぞ。

STANDARD

STANDARD

View more
Blue Sky

Blue Sky

View more
Japanese Modern

Japanese Modern

View more
グランジ

GRUNGE

View more
アニマル

ANIMALS

View more
ブラック

BLACK

View more

Feedback

2013年9月にブログ「 シテイリョウコウ」の一記事にフライトログブックを掲載し、はじめはメールでのやり取りと銀行振り込みのみの受付でした。
次第にたくさんのご注文をいただくようになり、晴れてネットショップになりました!嬉しいレビューもたくさんいただいておりますので、一部ご紹介いたします。(日付や便名などは編集しております)

【aki様】 (B747のラストフライトに乗られて)たまたま隣の座席に座っていた方と話している途中にCAさんがログブックを返しにきてくれたのですが、その人も同じログブックをCAさんに預けていて二人ともより一層話が弾みました。  また26日の帰りの便は、アッパーデッキに乗ったのですが、そのアッパーデッキだけでも同じログブックを4冊ほど見かけました。行きと同じようにたまたま乗り合わせた隣の席の方と話していた時に、CAさんがログブックを返しにきてくれたですが、隣の方(私と同じようにB747に乗ることが目的)が「なんですか?」と聞かれたので説明したところ「私も欲しい!!」と仰ったので、勝手ながらこのサイトを勧めさせていただきました。このログブックのおかげでいつもより何倍も思い出深く、記憶に残るフライトとなりました。本当にありがとうございました。
【サム・カーマイケル様】2冊目を購入させていただきました。 1冊目で一番思い出に残っているエピソードを紹介します。 ログブックデビューから2ケ月後のあるフライトの時、到着してログブックを返却していただくと、 CAさんが 「実は、お客様のログブックの記念すべき1ページ目を記入したのは私なんです。」って言うんですよ。 すごい偶然ですね、とお互いにびっくりしたのですが、こんな貴重な体験もログブックのおかげです。
【けんけんぱっ!様】ログブックのおかげで、操縦室で機長席に座らせてもらったり(もちろん日本のエアラインではございません)、お隣の席の人と、「ログブックって楽しそうですね」と会話が弾んで、予備のノートを差し上げて喜んで頂けたりと、一人旅が中心ですが、友達の輪は増えております。これからも、どれほど乗れるかは分かりませんが、大事に活用させて頂きます(^^)v
【ちび太様】はじめて海外に渡る娘たちのために2冊購入しました。 行先は台湾だったのですが、行き帰りともCALのCAさんは喜んで書いてくれ、かわいいシールもたくさん貼ってくれて子供達も大喜びでした。 娘たちもこれから世界の色んなところを旅することになると思いますが、このノートを携えて思い出を増やしていって欲しいと思います。 なお、帰国便の台湾人CAさんに特に好評で「どこで売っているの?」と興味津々のご様子でした。
【さんみ様】今回初めて、国際線用としてグランジ2冊、国内線用でスタンダード3冊購入させていただきました。 今までは月刊AIRLINEの付録のログブックを使用していたのですが非常に書きにくいため、CAさんには機内で貰えるPOST CARDに書いてもらっていました。 購入させていただきましたフライトログは非常に書きやすいですね。これからはこのログブックに直接書いてもらおうと思います。
【茶禅一味様】生後7ヶ月の息子が、今月初フライトを予定しているため購入させていただきました。 私自身が海外で生まれ育ったため、飛行機に乗る機会が幼い頃から多かったのですが、残念ながら幼い頃の記憶はあまりなく。。。 しかし、母がそんな私のためにやはりフライトログブックを残してくれていたため、良い記念となっています。 私も息子のために同じように記念に残してあげたいと探していたところ、こちらの素敵なログブックに出逢いました。 将来、息子の宝物になることを願っています。
【T.T様】友人から聞いて始めてみようと思ったフライトログ。今回航空会社の違う3機の飛行機に搭乗しました。 「大変お忙しい中、申し訳ありませんが、もしお時間ありましたら、フライトログを書いていただけますか。」と、お願いすると、 どの飛行機のCAさんもとても親切でにこやかにフライトログ記入を引き受けてくださいました。 飲み物をサービスしてくださった際には、旅先のことなどをお話してくださったり、ある飛行機では「一番最後に降りていただけますか。」と、、 どこから用意してくださったのか、一輪のお花を「お誕生日おめでとうございます。」(搭乗した日が妻の誕生日でした)と言いながら手渡してくださり、 ポラロイドカメラで記念撮影までしてくださいました。 KUMARIAIR 様のフライトログのおかげをもちまして、今までとは違う飛行機の旅となりました。 フライトログのおかげでこれからの飛行機の搭乗がわくわくします。 CAさんのご迷惑にならないことを考えながら、これからもフライトログを書いていこうと思います。 ステキな商品をありがとうございました。
【pesawat様】飛行機はほとんど乗らなくて、どちらかといえば少し苦手かな・・と思っていたのですが、突然大切な人が仕事で数年海外に行くことに! 会いに行くには飛行機乗るしかない!!どうやったら楽しく乗れるかなー・・・ なんていろいろ調べているうちに、こちらのログブックのことを知りました。 なんとなく恥ずかしくてCAさんにお願いはせず、自分で書き込むだけだったのですが、 ある時、CAさんのほうから 「飛行機好きなんですね!良かったらこちらで分かるところ書きますよ」 と声をかけていただきました。(実は苦手で・・・とは言えず) お言葉に甘えてお願いしたら、とっても可愛く書き込んでくださって・・感激でした。 あれから3年。大切な人も駐在を終え本帰国しましたが、わたしはすっかり飛行機が好きになりました! ログブックとの出会いに感謝です!これからも楽しく、大切に使います!

Crew

KUMARIAIRは夫婦で運営しております。私たち夫婦は飛行機が好きで、いろいろなところに行きました。

機内ではいつも自作のコピー用紙に出発時刻や、ゲートナンバー、スポットナンバー、キャプテンの名前などを記入していましたが、 毎回印刷して持っていくのは面倒だし、せっかく書いた情報もペラペラの紙ゆえに行方不明になってしまうこともしばしば。 そこで、kumari(夫)がパソコンの得意な嫁に一言。

「いいかんじのノート作ってくれない?」


嫁はこう思いました。
どうせ作るなら自分で使うだけではもったいない。
同じように毎回印刷して面倒な思いをしてる方がいるかも…?
本格的なパイロット用のログブックは必要ないし、付録で付いてる雑誌は売り切ればかり。

せっかくだし、おすそ分けしよう!

そう思い、ブログで紹介させていただいたのが始まりです。

最初は、CAさんのご迷惑になるかも、と心配していましたが 予想外にも、「CAさんが感動されてました!」という声もいただいたりして、とても嬉しいです。 きっとみなさんがマナーを守ってご使用されているからだと思います。 本当にありがとうございます。

そして2016年、KUMARIAIRには新たなクルーが誕生しました。 彼の初ログはITM/KCZ便で「どうぶつ」デザインになりました。これから色んな所のログを増やして、将来喜んでくれることを楽しみにしています。

author

kumari

撮影&飛行機ブログ担当

飛行機に乗るのも撮るのも大好き。
愛機はCanon 80D。

author

マキ美

フライトログブック&インスタ担当

飛行機に乗るのは苦手。遠征で撮影中の夫を横目に戦線離脱、ご当地アイスなどを食す日々。

author

マイサン

ピヨピヨ担当

2歳児。「じゃる」「あな」と見分けられる、将来有望な幼児。

Contact Us

ご質問、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。通常、5日以内に返信いたします。