スターフライヤー(SFJ)エアバスA320(320)おすすめの座席!勝ち席はここだ!

  • URLをコピーしました!
Contents

本当は教えたくないスターフライヤーA320の勝ち席

たーびん

僕が実際に乗ったスターフライヤー(SFJ)エアバスA320のおすすめ座席、言わば“勝ち席”をご紹介!
自分が乗る時に取られたくない!ということでこれまでは載せてはいませんでしたが、満を持して解禁します!

スターフライヤー機材のシートマップ

今回ご紹介するのはスターフライヤー(Star Flyer)のエアバスA320。

全日本空輸(ANA)ともの共同運航(コードシェア)でも使用されている機材です。

JA05MC〜JA24MC

JA25MC〜JA27MC

スターフライヤー公式サイト

機内仕様は2タイプですが、どちらも総座席数は150席。

座席配列3-3。
全席エコノミー仕様の普通席となります。

たーびん

全席普通席ですが、その中でもおすすめの“勝ち席”をご紹介します!

スターフライヤーは座席番号1A1Fがおすすめ

たーびん

スターフライヤーのシートでおすすめなのは座席番号1Aと1F。
その理由を詳しく説明しましょう。

座席配列

機内に1本の通路がある3-3の座席配置。

こちらが今回おすすめする座席1F。

進行方向右側の最前列窓側席。

反対の進行方向左窓側席が1Aとなります。

機内環境・設備

スターフライヤーの売りは機内環境と設備。

全席シートモニターが備えられ、シートピッチは普通席なのにかなり広くとられています。

たーびん

スターフライヤーの機内についてはこちらの記事で細かく紹介しているのでご覧くださいね。

スターフライヤーの飛行機はオール普通席のため、シートピッチは各席同じ。
その中でも客席中央の非常口座席とこの最前列座席だけはより広い足元間隔となっています。

前の壁は足を伸ばしても届かないほどの場所に。

シートポケット。

安全のしおり。

左前にはL1ボーディングドア。

前の壁には大きめのモニター。

シート下はこんな感じ。

ACコンセント電源とUSBポートも備わっているのでスマホの充電もできます。

その右側に見えるのがシートモニター。

スターフライヤーの飛行機には全座席シートモニターが備わっており、前席のヘッドレスト部に取り付けられています。

最前列座席には前席がないため、このように足元に格納されたモニターを持ち上げて引っ張り出すことによって使用できます。

こうすると壁のモニターとシートモニターの両方を堪能できるVIP仕様に。

映画や音楽などのエンターテイメントはもちろん、個人的には嬉しいフライトマップも見ることができます。

モニターのリモコンは座面横に。

取り出して使用できます。

テーブルは肘置きから取り出すタイプ。

折りたたんだ状態でも広げても使用できる二つ折りタイプ。

スターフライヤーの無料サービスドリンクは充実しているのでどれにするか悩むほど。

窓からの眺め

客室前方に位置するため後ろを見ると翼とエンジン、真横を向くと外の景色を楽しむことができます。

スターフライヤーのマイレージプログラムやステイタス制度はある?

スターフライヤーには独自のマイレージプログラム「STAR LINK」があります。

ステイタス制度としては、スターリンク・ベガ/アルタイル(VEGA/ALTAIR)があり、「STAR LINK」のプレミアム会員制度で、スターフライヤーに数多く搭乗すると特別なサービスが受けられるといったもの。

ステイタス獲得条件に到達したスターリンクメンバーは、VEGA/ALTAIRの優待サービスや特典を利用することができます。

また、ANAとの共同運航(コードシェア)を行っているので、ANA特典航空券で予約することも可能。

その時にもANAステイタス保持者はANAのステイタス待遇を受けることができます。

たーびん

窓の位置や座席配置など、みなさんも個人的な“勝ち席”はあるんじゃないでしょうか?
僕にとっての勝ち席。参考になれば幸いです!

bookfan 2号店 楽天市場店
¥750 (2023/04/01 00:13時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents