フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

ANAボーイングB777-200ERトリプルセブン(722)の勝ち席はここだ!

本当は教えたくないB777-200ERの勝ち席

たーびん
僕が実際に乗った全日本空輸(ANA)ボーイング777-200ER(トリプルセブン)のおすすめ座席、言わば“勝ち席”をご紹介!

自分が乗る時に取られたくない!ということでこれまでは載せてはいませんでしたが、満を持して解禁します!

機種722のシートマップ

今回ご紹介するのはANAのボーイング777-200ER。

既存の機材に最新の座席を取り入れた飛行機。ANAの予約画面では機種コード「722」と表示された機材となります。


ANA公式サイト

総座席数は392席。

座席配列2-3-2のプレミアムクラスが28席、座席配列3-4-3の普通席が364席となっています。

プレミアムクラスは快適でおすすめには決まっていますが、今回は普通席でもおすすめできる座席を教えちゃいますね。

722の普通席は45A,45Kがおすすめ

たーびん
722でおすすめなのは座席番号45Aと45K。

その理由を詳しく説明しましょう。

座席配列

機内に2本の通路がある座席配置3-4-3の普通席。

客室後方はこのように座席が少なくなり、2-4-2の座席配列となります。

おすすめなのが客席最後方、一番後ろ窓側の45A。

足元の広さは他のシートと同じですが、窓とシートの間にかなりのスペースがあり、圧迫感はなく逆に開放感があります。

後ろにシートはないため、気を使うことなく背もたれを倒すこともできます。

こちらは最新の座席仕様。
大型のシートモニターも備わっており、設備も充実しています。

客室最後方から。

壁側の座席が3席から2席に減っているのがよくわかりますよね。

機内環境・設備

シートに座った目線はこんな感じ。

大型のシートモニターにはUSBポートも備わっており、スマホの充電もできます。

安全のしおり。

ドリンクサービス。

窓からの眺め

窓からはこんな感じの眺めを楽しめます。

鋭くシャープな翼を入れた写真を撮ることも可能。

ステイタス保持者は開放される座席が多い?

たーびん
ステイタス保持者には事前に開放され指定できる座席が多いのはご存知でしょうか?

一般会員では事前に指定することができない座席でもステイタス保持者は前もって指定することができるんです。

ダイヤモンドサービスメンバー

ステイタスの中でも上級のダイヤモンドサービスメンバーは、早割運賃や特典航空券で購入したなど運賃の種別にかかわらず、すべての指定可能席から選択することができます。

さすが最強のステイタス…

プラチナサービスメンバー

プラチナサービスメンバーは、申し込み時に希望の座席が取れなかった場合でも、搭乗日2日前の00:00に、指定できる座席が追加されます。

(満席または満席に近い便では、座席が追加されない場合もあり)

たーびん
僕は2021年に修行の末、プラチナサービスメンバーをゲット!
一般会員が取れない座席も搭乗2日前から開放され指定することができます。

 

たーびん
窓の位置や座席配置など、みなさんも個人的な“勝ち席”はあるんじゃないでしょうか?

僕にとっての勝ち席。参考になれば幸いです!