【AIRBUS】航空機メーカーの二大巨頭
ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

kumari
航空機メーカーの二大巨頭のボーイングとエアバス。
マニアでなければその違いはなかなかわからないですよね。
今回はAIRBUSの飛行機を写真付きでわかりやすく解説していきます。

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

会社概要

ボーイング(Boeing)

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。

出典:Wikipedia

エアバス(Airbus)

エアバスは、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のエアバス・グループ傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(仏: G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。

出典:Wikipedia

 

エアバスの航空機

A380シリーズ

初飛行 2005年

代表機種
・A380-800
kumari
総2階建ての史上最大の旅客機。
ANAが購入して2019年から運航するのは有名ですよね。
全てエコノミークラスにすると座席数はなんと800席超え。
その大きさから就航できる空港も限られます。

【エアバスA380生産中止】<br>最大顧客であるエミレーツ航空が次に選んだA350-900とA330-900とは?

2019年2月16日

A380-800(エールフランス)

  • 総2階建て
  • エンジンが4つ
  • 横から見ると1階に大きな扉が5つ、2階に大きな扉が4つ

【成田(NRT)→スワンナプーム(BKK)】<br>タイ航空(THA)A380ロイヤルシルク搭乗記。2階建て超大型機のアッパーデッキで快適なフライトを体験!

2018年10月29日

【成田(NRT)→仁川(ICN)】<br>アシアナ航空(AAR)A380ビジネスクラス搭乗記。2階建て超大型機のアッパーデッキでスタッガードシートを体験!

2018年9月17日

A350 XWBシリーズ

初飛行 2013年

代表機種
・A350-1000
・A350-900
kumari
エアバスの最新鋭航空機。
JALがB777の後継機として2019年からA350-900とA350-1000を順次運航します。


A350-1000(キャセイパシフィック航空)

A350-900(エアバス)

  • コックピットの窓の周りが黒く塗られている
  • 翼端が反り上がっている
  • 横から見ると車輪は2つ
  • 横から見ると大きな扉が4つ

【仁川(ICN)→関西(KIX)】<br>アシアナ航空(AAR)A350-900ビジネスクラス搭乗記。最新鋭の航空機でまさかのGTBを経験!

2018年10月15日

A340シリーズ

初飛行 1991年

代表機種
・A340-600
・A340-500
・A340-300
・A340-200
kumari
A300の胴体延長型としてA330と同時に開発され、エンジン関係以外は最大限共通化されています。
A340-600は胴体がとても長く、B747-8が登場するまで世界で最も全長の長い航空機でした。
日本の航空会社は購入していません


A340-600(タイ航空)


A340-300(フィンエアー)

  • お尻が反り上がっている
  • エンジンが4つ
  • 横から見ると車輪は2つ
  • 45°くらい曲がったウィングレットが装着されている
  • A340-200→A340-300→A340-500→A340-600と胴体が長くなる

A330シリーズ

初飛行 1992年

代表機種
・A330-300
・A330-200
kumari
A340の姉妹機として同時に開発され、1000機以上が民間航空路線に就航しています。
日本の航空会社では、スカイマークが6機のA330-300を導入しましたが、7ヶ月半後に運航を停止しました。
A330-200の新世代機としてA330-800neoが、A330-300の新世代機としてA330-900neoが開発されています。

幻のスカイマークA330-300の思い出とその後のA330。

2018年10月28日

A330-300(スカイマーク)


A330-200(中国国際航空)


A330-900neo(TAPポルトガル航空)

  • お尻が反り上がっている
  • エンジンが2つ
  • 横から見ると車輪は2つ
  • 45°くらい曲がったウィングレットが装着されている
  • A330neoはコックピットの窓の周りが黒く塗られており、翼端が反り上がっている
  • A330-200→A330-300と胴体が長くなる

【関空(KIX)→ホノルル(HNL)】<br>ハワイアン航空(HAL)A330-200ビジネスクラス体験記

2018年11月2日

【香港(HKG)→仁川(ICN)】<br>アシアナ航空(AAR)A330-300ビジネスクラス搭乗記。3時間で気温差35℃のフライト

2018年10月10日

【チャンギ(SIN)→関西(KIX)】日本から姿を消したシンガポール航空(SIA)A330-300搭乗記

2018年12月18日
タイ航空A330搭乗記

【プーケット(HKT)→スワンナプーム(BKK)】<br>タイ航空(THA)A330-300搭乗記

2018年11月28日

【ドンムアン(DMK)→中部(NGO)】<br>元シンガポール航空の機材!<br>タイ・エアアジアX(TAX)A330-300搭乗機

2018年11月18日

A320シリーズ

初飛行 1987年

代表機種
・A320
・A321
・A319
kumari
世界のLCCでも多く運航されているエアバスのベストセラー機。
日本の航空会社においても、全日本空輸・スターフライヤー・ピーチ・ジェットスタージャパン・バニラエア・エアアジアジャパンと多く導入されています。
A320の長胴型としてA321、短胴型としてA319・A318が開発されました。
また、新エンジンを採用したA320neoも開発されています。

A320-200(スターフライヤー)

A321-200(全日本空輸)


A319(中国東方航空)

  • お尻が少し上がって丸い
  • 横から見ると車輪は1つ
  • 横から見るとA320は大きな扉が2つ・小さな扉が2つ、A321は大きな扉が4つ、A319は大きな扉が2つ・小さな扉が1つ
  • 翼端には上下に伸びるウィングチップフェンスか、上に反り上がるシャークレットが装着されている
  • A318→A319→A320→A321と胴体が長くなる

【関西(KIX)→羽田(HND)】<br>充実のサービスと機内設備!<br>スターフライヤー(SFJ)A320-200搭乗記

2019年7月23日

【関西(KIX)→福岡(FUK)】<br>記念すべき本邦初のLCC就航初日。ピーチ(APJ)A320-200搭乗記。

2018年11月24日

【熊本(KMJ)→関西(KIX)】<br>運休路線が復活!ジェットスタージャパン(JJP)A320-200搭乗記

2018年11月19日

【仙台→中部】エアアジア・ジャパンA320-200搭乗記<br>遅延時にミールクーポンを配布してくれたLCC!

2020年1月14日

【ドンムアン(DMK)→クアラルンプール(KUL)】<br>タイ・エアアジア(AIQ)A320-200搭乗記<br>足元の広い最前列ホットシートを体験!

2018年12月3日

【クアラルンプール(KUL)→ドンムアン(DMK)】<br>シートピッチに驚愕!本家エアアジア(AXM)A320-200neo搭乗記

2018年12月4日

A220シリーズ

初飛行 2013年

代表機種
・A220-300
・A220-100
kumari
カナダのボンバルディア・エアロスペース社で「ボンバルディア Cシリーズ」として開発されましたが、2018年にエアバスとボンバルディアが提携したことにより、エアバスファミリーに加わりました。
現在のところ日本の航空会社の導入予定はありません。

エアバスの新しい飛行機「A220」って何?<br>エアバス主要航空機のラインナップとともに写真付きでご紹介。

2019年5月27日


A220-300(大韓航空)

  • 横から見ると車輪は1つ
  • 横から見ると大きな扉が2つ・小さな扉が1つ
  • 翼端には上に反り上がるウィングレットが装着されている
  • コックピット窓は4枚で顔がシャープ

A310シリーズ(生産終了)

初飛行 1982年
生産終了 2006年

kumari
A300の短胴型として開発され、ボーイングと直接的に競合した初めてのエアバス機です。
日本の航空会社が購入することはなく、生産終了されていることもあり、あまり日本では馴染みのない機材です。


A310-300(タイ王国空軍)

  • 横から見ると車輪は2つ
  • 横から見ると前後に大きな扉が2つ、翼の上に小さな扉が1つ
  • 翼端には上下に伸びるウィングチップフェンスが装着されている
  • A310-200とA310-300があるが、見た目はほぼ変わらない
  • A300の短胴型

A300シリーズ(生産終了)

初飛行 1983年
生産終了 2006年

kumari
エアバス社設立のきっかけとなった通路が2本あるワイドボディ機です。
A300の発展型として開発されたA300-600は、日本の航空会社では日本エアシステム(のちにJALと経営統合)とギャラクシーエアラインズ(佐川急便が設立した貨物専門航空会社)が運航していました。


A330-600R(イラン航空)画像:Wikipedia

  • お尻が反り上がっている
  • 横から見ると車輪は2つ
  • 横から見ると大きな扉が3つ、小さな扉が1つ
  • A310の長胴型

国内航空会社における保有状況

全日本空輸(ANA)

  • B737-500
  • B737-700
  • B737-800
  • B767-300
  • B777-200
  • B777-300
  • B787-8
  • B787-9
  • B787-10
  • A320-200
  • A321-200
  • A380-800

日本航空(JAL)

  • B737-400
  • B737-800
  • B767-300
  • B777-200
  • B777-300
  • B787-8
  • B787-9
  • A350-900
  • A350-1000

スカイマーク(SKY)

  • B737-800

ソラシドエア(SNJ)

  • B737-800

スターフライヤー(SFJ)

  • A320-200

エア・ドゥ(ADO)

  • B737-700
  • B767-300

ピーチ(APJ)

  • A320-200

ジェットスター・ジャパン(JJP)

  • A320-200

バニラ・エア(VNL)

  • A320-200

春秋航空日本(SJO)

  • B737-800

エアアジア・ジャパン(WAJ)

  • A320-200

 

おすすめ記事

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

【2020年1月最新版】全18種類!<br>全日本空輸(ANA)グループ機材保有数カタログ

2020年1月16日

【2020年1月最新版】全15種類!<br>日本航空(JAL)グループ機材保有数カタログ

2020年1月16日

【2020年最新版】現役機も退役機も!<br>スカイマーク(SKY)保有機材・特別塗装・ウィングレット絵柄カタログ

2020年1月2日