【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭
ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

スポンサーリンク

kumari
航空機メーカーの二大巨頭のボーイングとエアバス。
マニアでなければその違いはなかなかわからないですよね。
今回はBOEINGの飛行機を写真付きでわかりやすく解説していきます。

【AIRBUS】航空機メーカーの二大巨頭
ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019.05.25

会社概要

ボーイング(Boeing)

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。

出典:Wikipedia

エアバス(Airbus)

エアバスは、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のエアバス・グループ傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(仏: G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。

出典:Wikipedia

 

ボーイングの航空機

B747シリーズ

初飛行 1969年

代表機種
・B747-8
・B747-400
kumari
ジャンボの愛称で親しまれているB747。
シリーズとしては、1968年のB747-100型の生産開始から半世紀が経過した現在においても最新型のB747-8型が運航されている航空業界には欠かせない機種です。
2019年4月から政府専用機がB747-400からB777-300に変わることにより、国内のB747を運航する航空会社は日本貨物航空(NCA)の貨物機のみとなります。

B747-8(ルフトハンザドイツ航空)

B747-8F(日本貨物航空)

B747-400(日本国政府専用機)


B747-300(オリエント・タイ航空)


B747-400LCF(ボーイング)

  • 機体前方が2階建て
  • 4つのエンジン
  • B747-8はエンジン後部がギザギザになっている
  • 貨物機の2階部分は旅客機よりも短い

B777シリーズ

初飛行 1994年

代表機種
・B777-300
・B777-200
kumari
B767とB747の間の座席数を埋めるべく開発されたB777、通称トリプルセブン
2発のエンジンで長距離飛行が可能になったことからB747からこのB777にシフトする航空会社が増えています。
2019年4月から日本の政府専用機もこのB777-300に変わります。

B777-300(日本航空)


B777-200(全日本空輸)

  • お尻の先が平べったく潰した感じに見える
  • 横から見ると車輪は3つ
  • 横から見るとB777-300の扉は5つ、B777-200の扉は4つ

B787シリーズ

初飛行 2009年

代表機種
・B787-10
・B787-9
・B787-8
kumari
最新鋭の技術が取り入れられ、見た目もとても男前なB787。
中型機としては長い航続距離が特徴で、静かで快適な乗り心地も売りです。
日本の航空会社では、全日本空輸と日本航空が導入しており、ANAはこのB787のローンチカスタマーでもあります。


B787-10(シンガポール航空)


B787-9(エティハド航空)

B787-8(全日本空輸)

  • エンジン後部がギザギザになっていて、翼も顔も鋭く、全体的にシャープ
  • 翼の曲線が特徴的
  • コックピットの窓が4枚
  • 横から見ると車輪は2つ
  • 横から見ると大きな扉が4つ
  • B787-8→B787-9→B787-10と胴体が長くなる

B767シリーズ

初飛行 1981年

代表機種
・B767-300
kumari
中距離飛行が可能なセミワイドボディ機。
2-3-2の座席配列が好まれ、B767-300は日本の空をたくさん飛んでいます。
日本の航空会社では、全日本空輸・日本航空・エアドゥが導入しています。

B767-300(エア・ドゥ)


B767-400(バーレーン王室航空)


B767-200(オムニエアインターナショナル)

  • お尻が丸い
  • 横から見ると車輪は2つ
  • B767-300は横から見ると前後に大きな扉が2つ、翼の上に小さな扉が2つ
  • B767-300の他にもB767-200とB767-400があるが、もうほとんど見ることはない
  • B767-200→B767-300→B767-400と胴体が長くなる

B737シリーズ

初飛行 1967年

代表機種
・B737-900
・B737-800
・B737-700
・B737-500
・B737-400
kumari
1967年の初飛行以来改良を重ねられ、今もなお様々なバリエーションで生産され続けてきているB737。
ジェット旅客機のシリーズとしては史上最多、商用輸送機の歴史でも屈指のベストセラーかつロングセラーのシリーズです。
シリーズとしては日本では、全日本空輸・日本航空・スカイマーク・ソラシドエア・エアドゥ・春秋航空日本と多くの航空会社が導入しています。


B737-900(大韓航空)


B737 MAX9(タイ・ライオンエア)

B737-800(ソラシドエア)


B737 MAX8(シルクエア)


B737-700(ユナイテッド航空)


B737-500(全日本空輸)


B737-400(日本トランスオーシャン航空)


B737-300(サイアム・エア)


B737-200(オーロラ)

  • お尻が上がっている
  • 横から見ると車輪は1つ
  • 横から見ると前後に大きな扉が2つ、翼の上に小さな扉が1つまたは2つ
  • 最新鋭のMAXは翼端に「スプリット・シミタール・ウィングレット」を装着している

【B737-800】ブレンデッド・ウィングレットとスプリット・シミタール・ウィングレット

2018.10.30

B757シリーズ(生産終了)

初飛行 1982年
生産終了 2005年

kumari
B727の後継機として短・中距離路線向けに開発されました。
通路が1本のみのナローボディ機としては、ボーイングとしては最も大きい機体となります。
日本の航空会社は購入することはありませんでした。


B757-200(上海航空)

<特徴>
・お尻が丸い
・横から見ると車輪は2つ
・横から見ると大きな扉が3つ、小さな扉が2つ(会社の仕様により異なる)
・生産終了されていることから見る機会が少ない

B727シリーズ(生産終了)

初飛行 1963年
生産終了 1984年

kumari
ボーイングとしては唯一の三発ジェット旅客機。
過去に日本の航空会社では日本航空・全日本空輸・日本国内航空の3社が運航していました。

B727-200(パンアメリカン航空)画像:Wikipedia

  • 胴体後方に3つのエンジン
  • T字の尾翼

B717シリーズ(生産終了)

初飛行 1998年
生産終了 2006年

kumari
かつてマクドネル・ダグラスによりMD-95として開発が進められていましたが、同社がボーイングに吸収合併されたことでB717の名称が与えられました。
日本の航空会社は購入することはありませんでしたが、ハワイアン航空がハワイ国内路線で多く運航しています。

【ハワイ島の空港】ヒロ(ITO)&コナ(KOA)国内線搭乗記

2018.11.04


B717(ハワイアン航空)

  • 胴体後方に2つのエンジン
  • T字の尾翼
  • コックピットの窓が7枚、その上に小窓

B707シリーズ(生産終了)

初飛行 1957年
生産終了 1982年

kumari
第1世代ジェット旅客機を代表する機種であり、ボーイングの7X7シリーズの始まりでもあるB707。
航空史に残る歴史的機体であり、ベストセラー機でもあります。
日本の航空会社は購入することはありませんでしたが、エールフランスが日本航空とともに東京国際空港 – オルリー空港(パリ)間に共同運航便を運航していたことから、エールフランスのB707に日本航空のロゴを入れ、客室乗務員を乗務させ同路線を運航という歴史もあります。

B707-320(パンアメリカン航空)画像:Wikipedia

  • エンジンが4つある


国内航空会社における保有状況

全日本空輸(ANA)

  • B737-500
  • B737-700
  • B737-800
  • B767-300
  • B777-200
  • B777-300
  • B787-8
  • B787-9
  • B787-10
  • A320-200
  • A321-200
  • A380-800

日本航空(JAL)

  • B737-400
  • B737-800
  • B767-300
  • B777-200
  • B777-300
  • B787-8
  • B787-9
  • A350-900
  • A350-1000

スカイマーク(SKY)

  • B737-800

ソラシドエア(SNJ)

  • B737-800

スターフライヤー(SFJ)

  • A320-200

エア・ドゥ(ADO)

  • B737-700
  • B767-300

ピーチ(APJ)

  • A320-200

ジェットスター・ジャパン(JJP)

  • A320-200

バニラ・エア(VNL)

  • A320-200

春秋航空日本(SJO)

  • B737-800

エアアジア・ジャパン(WAJ)

  • A320-200

 

おすすめ記事

【AIRBUS】航空機メーカーの二大巨頭
ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019.05.25

【2019.7.13最新版】全18種類!
全日本空輸(ANA)グループ機材保有数カタログ

2019.07.13

【2019.7.17最新版】全15種類!
日本航空(JAL)グループ機材保有数カタログ

2019.07.17

【2019年最新版】現役機も退役機も!
スカイマーク(SKY)保有機材・特別塗装・ウィングレット絵柄カタログ

2019.07.17