【新千歳(CTS)→羽田(HND)】
日本一のドル箱路線!エア・ドゥ(ADO)B767-300搭乗記

kumari
これまで様々な航空会社を利用してきましたが、AIR DOを利用するのは実は初めて。
新千歳にも何度も行ったり地元神戸空港にも就航しているんですが、なかなかご縁がありませんでした。

フライトログ

搭乗日2019年3月
航空会社エア・ドゥ(ADO)
便名HD26
出発空港新千歳(CTS)
到着空港羽田(HND)
区間マイル509マイル
飛行時間1時間22分
機種B767-300
機体記号JA601A
クラスY エコノミークラス
座席番号15G

新千歳空港 国内線ターミナル

今回搭乗するAIR DO(エア・ドゥ)のB767-300。
機体番号はJA601A、2012年1月までANAの塗装で飛んでいた元ANAの機体です。
特別塗装機を期待していましたが、ノーマル塗装でした。

離れたスポットにはエア・ドゥのB737-700が2機。新千歳空港ならではの光景です。

搭乗口は6番。

搭乗開始

搭乗橋にロイズの広告。これも新千歳空港ならではですね。

L1扉の横ではベア・ドゥがお出迎え。

座席配列は一般的なB767の2-3-2です。

新千歳空港 R/W01L離陸

スポット6番を出発し、北風運用のR/W01に向かいます。

滑走路の端まで行かず、インターセクションで滑走路に進入。
すぐそこには撮影スポットの「A10ポイント」があります。

【北海道】新千歳空港撮影スポット

2019年8月21日
雪解けの新千歳空港を離陸。
自分が乗っている飛行機の影が見えるのが素敵です。

離陸後は大きく右に旋回するため、空港がよく見えます。



千歳基地側には政府専用機シグナスのB747-400が2機並んで駐機しているのが見えました。

【政府専用機B747-400退役】<br>さよならシグナス!千歳へお別れに行ってきました

2019年3月23日

平成の政府専用機B747-400が退役。<br>さよならシグナスジャンボ!

2019年4月1日
新千歳空港の全体が見えます。

新千歳空港は千歳基地と合わせてなんと滑走路が4本!
奥(上)が千歳基地、手前(下)が新千歳空港です。

【北海道】新千歳空港撮影スポット

2019年8月21日

離陸後ほどなくして苫小牧上空から北海道を抜けます。

エア・ドゥの機内

安全のしおり。

ドリンクカップにはベア・ドゥの顔が描かれています。
 翼にはウィングレットもなく、オリジナルのマーキングがないため、こう見るとどこの航空会社のB767-300に乗っているかわかりませんね。

【2019年最新版】現役機も退役機も!<br>スカイマーク(SKY)保有機材・特別塗装・ウィングレット絵柄カタログ

2019年8月11日
元ANAの機体ですが、機内は改装され、オールエコノミークラス。
(ANAはプレミアムクラスとエコノミーの2クラス)

この便の搭乗率は85%くらいでした。
平日の昼間でこれだけ乗るので本当にドル箱路線なのがよくわかります。
kumari
日本の国内路線で1番利用者数が多いのがこの羽田〜新千歳線です。
ちなみに旅客数ランキング2位が羽田〜福岡線、3位が羽田〜那覇線、4位が羽田〜伊丹線ですよ!

羽田に向け降下を始めると厚い雲の中へ。
雲を抜けたと思うともう眼下にはアクアライン。

羽田空港 R/W34R着陸

D滑走路を見下ろしながら着陸。

雨の羽田空港第1ターミナル55番スポットに到着。
着陸したC滑走路から近かったため、着陸後すぐにスポットインとなりました。

羽田空港でも後ろにエア・ドゥのB737-700が2機。
新千歳で見た光景と同じ光景となりました。

kumari
日本国内路線1位の利用者数を誇るこの路線。
「北海道の翼」のAIR DOは低価格でANAやJALと同等の機内サービスを提供しているのでオススメですよ!

【北海道】新千歳空港撮影スポット

2019年8月21日

新千歳空港「Flyers」さんにお邪魔しました!

2019年3月29日

【政府専用機B747-400退役】<br>さよならシグナス!千歳へお別れに行ってきました

2019年3月23日

平成の政府専用機B747-400が退役。<br>さよならシグナスジャンボ!

2019年4月1日