【政府専用機B747-400退役】
さよならシグナス!千歳へお別れに行ってきました

kumari
今月末で退役する政府専用機のB747-400。

その飛んでいる勇姿を最後に見るために新千歳空港に併設する千歳基地に行ってきました。

シグナス撮影漬けの2泊3日!
撮影スポットとともに3日間で撮った写真を載せていきます!

政府専用機とは?

平成4年(1992年)、日本国政府専用機として2機のB747-400型機(機体番号:20-1101/20-1102)が導入されました。

運用は新千歳空港に併設する航空自衛隊千歳基地特別航空輸送隊、整備などの地上ハンドリングは羽田空港にある日本航空(JAL)が受託。

整備を受託している日本航空(JAL)のB747が全機退役し、整備を受けられなくなることや、近年B747のような4発エンジンの大型機より2発エンジンでより燃費のいい機材が開発されていることから機材更新されることになりました。

B747-400の2機(機体番号:20-1101/20-1102)は平成31年(2019年)3月末で退役し、後継機としてB777-300ERの2機(機体番号:80-1111/80-1112)が導入されます。

コールサインは、任務飛行中は「Japan Air Force」、訓練や回送の際には「CYGNS」を用いられることからファンの間ではシグナスと呼ばれています。

熊本空港に政府専用機B747-400が飛来!

2018年12月19日

新千歳空港撮影スポット

kumari
今回は新千歳空港の撮影スポットで撮影したB747-400とB777-300ERの新旧政府専用機の写真を載せていくので、ご参考にしてください。

【北海道】新千歳空港飛行機撮影スポット

2019年8月21日

政府専用機 B747-400

1号機(20-1101)

【F】R/W36R進入真下

【G】Jコロポイント

【I】政府専用機格納庫(北)

【J】泉沢新千歳空港線

2号機(20-1102)

【I】政府専用機格納庫(北)





政府専用機 B777-300ER

1号機(80-1111)

【G】Jコロポイント

【H】政府専用機格納庫(南)


【I】政府専用機格納庫(北)

2号機(80-1112)

【H】政府専用機格納庫(南)

コラボ

B747&B747&B777

【G】Jコロポイント

B747&B747

【G】Jコロポイント

【I】政府専用機格納庫(北)

B747&B777

【I】政府専用機格納庫(北)

B777&B777

【H】政府専用機格納庫(南)

kumari
4月から世代交代の政府専用機。
天候にも恵まれ、訓練風景も撮影することができ満足いく撮影旅行となりました!

おすすめ記事

【2019.12.7更新】全国飛行機撮影スポットマップ+海外飛行機撮影スポット

2019年12月7日

【北海道】新千歳空港飛行機撮影スポット

2019年8月21日

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

【最大-2万円】ふっこう割を使わずに北海道に行くのは損すぎる件

2018年11月3日