【福岡(FUK)→ドンムアン(DMK)】
激安なのに機内食も?!LCCナローボディ機で飛ぶ中距離国際線
タイ・ライオン・エア(TLM)B737-800搭乗記

kumari
タイのバンコク・ドンムアン空港が拠点のタイ・ライオンエア。
2018年終わりから2019年始めにかけ、一挙に成田・中部・関西・福岡に就航しました。
福岡線の搭乗レポートをお届けします。
マキ美
中距離国際路線なのに、通路が1本しかないナローボディ機のB737-800で運航しているんだね!

フライトログ

搭乗日2019年8月
航空会社タイ・ライオンエア(TLM)
便名SL315
出発空港福岡(FUK)
到着空港ドンムアン(DMK)
区間マイル2310マイル
飛行時間4時間52分
機種B737-800
機体記号HS-LUO
クラスY エコノミークラス
座席番号31A

旅の行程 航空券は激安

タイ・ライオンエアは福岡ードンムアン線を1日1往復運航しています。
今回の行程は、バンコクに12時に到着し、ほぼ日帰りとなる同日の23時30分にバンコクを出発する便を購入しました。
タイとの時差は日本-2時間。かなり弾丸ですね。

航空券の購入金額はなんと総額19490円!
総額ですよ、総額。
空港使用税も燃油サーチャージも各種手数料も全てコミコミでこの価格です。

福岡空港 国際線ターミナル

出発2時間前に福岡空港に到着。
今回乗るタイ・ライオンエアSL315便がこの日の福岡空港国際線初便でした。

Dカウンター

カウンターはDを使用。


成田空港では通路が2本あるワイドボディ機を使用しているため、チェックインカウンターが混むという情報がありましたが、この日はそこまで混まず。

ギリギリまでずっとセールをやっていたうえ、座席指定画面でもほとんど座席が埋まっていなかったことから「搭乗客は超少ないんじゃ?」と思っていました。
チェックインの際、スタッフに予約者数を聞くと75名とのこと。
座席数189席なので搭乗率は39%ほどですね。予想通り低い搭乗率。

機内持込手荷物の重量計測は・・・

機内持込手荷物は7kgまでとなっており、カウンターで計測するシステム。
今回は背負ったリュックを列に並んでいる際に軽く持ち上げられて計測されました。
そして確認済みの荷物にはシールを貼られます。

56番搭乗口

この日の国際線出発初便のため、出国エリアにはこの便に乗る75名の乗客しかおらず、ガラガラ。

出発20分前の8時5分搭乗開始。

搭乗機はB737-800(HS-LUO)。

2018年にドンムアン空港で撮影した機材ですね。
タイ・ライオンエアは福岡空港就航当初、最新鋭のB737-800MAXで運航されていましたが、B737MAX飛行トラブルによる運航停止のため現在はこのB737-800で運航されています。

Boeing B737 MAX9とMAX8との違いとは?【タイ・ライオンエア/Thai Lion Air】

2018年11月11日

シルクエアーのBoeing 737 MAX 8を日本で唯一定期就航している広島空港で撮影!

2018年10月30日

搭乗開始 シートとご対面

ボーディングブリッジを使用しての搭乗。
最前列座席。
有料座席となっており、ヘッドレストカバーの色が他と違います。

今回の座席は31A。
今回は節約して事前座席指定をしていません。
ですが、空港カウンターで希望を伝えるとある程度の希望の座席にしてくれました。
空いていたため、3席占有。ラッキー。

公式HPによるとシートピッチは31インチ(約79cm)。
んー、たぶんそんなにないです。
おそらく29インチ(約74cm)。
31インチだとこんなに座席数を担保できないので、LCCの一般的な29インチ座席のはず。


モニターや音楽などの機内エンターテイメントは一切ありません。

座った感じも完全に29インチの間隔。

2016年生まれのスカイインテリア仕様機です。

福岡空港 R/W16離陸

隣には同じバンコク行きのタイ航空。
あちらはバンコクの新しい方の空港、スワンナプーム国際空港行き。

国際線ターミナルを離れ、一度滑走路を横断し国内線ターミナル側から滑走路に進入。
雨の福岡空港R/W16を離陸。

気流が安定せず、シートベルトサインはなかなか消灯せず。
5時間のフライトは持ち込みのスリッパで足元から快適に。

シートポケットの中身

ここでシートポケットの中身をご紹介。
機内誌、安全のしおり、機内食メニューの3点です。

機内誌のグッズ販売ページ。
初めての航空会社なので何か買ってもいいかなとも思っていましたが、あまり惹かれるものはなく何も買わず。
ルートマップ。

日本への乗り入れは成田、中部、関西、福岡。
それより気になったのが保有機材。
B737MAXシリーズのB737-800MAXとB737-900MAXを保有しているはずなのに載せられていない。
運航停止措置からなのでしょうか。

フードメニュー。
何も買わなかったけど、LCCの機内食にしては意外とリーズナブルでしょう。

無料の機内食がある?!


入国書類配布のあと何やらまた配っています。

配られた袋詰めのもの。
なんとクロワッサンと水でした。

絶品!とまではいかないけど、LCCなのに無料の水とパンが出るとは高評価。

機内での過ごし方

機内後方から。

食事のあとは映画タイム。
シートモニターはないのでAmazon Fireで「コードブルー」なんかを見たりして。
ダウンロードしておけばインターネット環境がなくても見られるので、結構海外旅行に連れて行ってます。
あとは機窓からの景色を楽しむ。


ふと窓の外を見ていると猛スピードですれ違う飛行機を発見! 拡大して見てみるとライバル、エアアジアでした。
窓の外を見ているとこんなことだってあります。

必見!セクシー&キュートなCAたち

2018年11月29日

ドンムアン空港 R/W21R着陸

機体はどんどん高度を下げ、タイの街並みが見えてきました。

そして北から進入しR/W21Rで着陸。
タイ・ライオンエア、ノックエア、ノックスクート 、タイ・エアアジアなどが拠点とするドンムアン空港に到着。

タイ・ライオンエア B737-800

タイ・ライオンエア A330-300

タイ・エアアジアX A330-300

21番スポット到着


隣にはタイ・エアアジアXのA330-300。

定刻の12時よりも早い11時35分に到着。
頻繁に遅延していたのを知っていたため一安心。
そして乗客75名はあっさりと降機。

また12時間後に乗りますがひとまずお別れ。

入国審査の混雑が問題となっているドンムアン空港ですが、この時間はあまり混んでおらず20分で入国することができました。

遠くに見えた放置飛行機

放置飛行機が目立つドンムアン空港。

【放置飛行機】バンコク・ドンムアン空港は飛行機の墓場となるのか?

2018年12月14日
着陸後少しその飛行機を撮影することができました。

前回見た「ノックスクート塗装のノックエアB737-800」「サイアムエアB737-300」「多数のオリエント・タイ航空」などの放置飛行機はまだあるようですね。
それに加え運航停止措置がとられているタイ・ライオンエアのB737MAXも置かれています。

汚れたオリエント・タイのB767-300も動かされることもなく放置されたままでした。

kumari
往復2万円以下の激安料金で乗った初のタイ・ライオンエア。
遅れることもなく軽食も出て大満足でした!
この搭乗率だと撤退の可能性も考えられるので存続することを願うばかりです。

【タイ・バンコク】飛行機の墓場「Airplane Graveyard」に行ってきた(前編)<br>アクセス・所要時間・交通費は?機体を外部から撮影編

2019年9月1日

【タイ・バンコク】飛行機の墓場「Airplane Graveyard」に行ってきた(後編)<br>衝撃の真相!この機体は元○○○機だった!機体内部に潜入編

2019年9月2日

【放置飛行機】バンコク・ドンムアン空港は飛行機の墓場となるのか?

2018年12月14日

Boeing B737 MAX9とMAX8との違いとは?【タイ・ライオンエア/Thai Lion Air】

2018年11月11日

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

【九州】福岡空港撮影スポット

2018年12月25日

【タイ】ドンムアン空港撮影スポット

2019年2月23日