【成田(NRT)→広島(HIJ)】
視程良好なフライト!春秋航空日本B737-800少し昔の搭乗記

kumari
成田を拠点にする春秋航空日本(スプリングジャパン)の広島線に搭乗しました。
現在の成田空港のLCC専用第3ターミナルになる前の第2ターミナルの一角からの搭乗です。

【2019年10月最新】LCCはなぜ安い?その秘密を徹底検証してみた。<br>ついでに国内LCC5社を細かく紹介します。

2019年10月27日

【2019年10月最新!手数料一覧】国内LCC5社は本当にお得か?スカイマークと比較検証してみる。

2019年10月27日

フライトログ

搭乗日2014年10月
航空会社春秋航空日本(SJO)
便名IJ621
出発空港成田(NRT)
到着空港広島(HIJ)
区間マイル433マイル
飛行時間1時間20分
機種B737-800
機体記号JA03GR
クラスエコノミー
座席番号1F

成田空港 第2ターミナル

この頃にはまだ第3ターミナルはなく、第2ターミナルでのチェックイン。

ここから搭乗口まではかなり歩きます。
チェックインカウンターから搭乗口までかなり歩かないといけないのは今の第3ターミナルと変わらないところですね。

簡素な造り・・・というより、完全に仮設といったところでしょうか。

今はなき、バニラエアの「V store」もありました。
 
搭乗口は1階にあり、この搭乗エリアからは全てバス搭乗となっています。

今回の搭乗口は「M」。数字じゃないんですね。

もちろんのことラウンジもなく、時間を潰せる場所もないのでただただ座って搭乗を待ちます。

バス搭乗

バスにて搭乗開始。

バス搭乗はその道中、地上目線で飛行機を見れるから飛行機好きにとっては最高でしょう。

沖留めの425番スポットに到着。

さて、今回の搭乗機はB737-800の春秋航空日本の3号機、JA03GRです。
搭乗完了。隣には同社1号機のJA01GR。

さて、今回の座席は最前列、窓側の1F。
追加料金を払うと指定できる足元が広い席です。
ヘッドレストカバーはコーヒーの「CAGLIARI」の広告。
こういうところに広告をもってくるのがLCCらしいですね。

成田空港 離陸

A滑走路R/W34Lで離陸。

進行方向右側からは空港全体を見渡すことができました。 
上の写真はこの記事で使用しているもの。

2019年最新!【国内エアライン図鑑】全25社を写真付きで紹介<br>日本国内に就航する定期航空会社カタログ

2019年11月7日
結構お気に入りな1枚です。

上空から成田空港がとてもキレイに見えたため、ほぼ遊覧飛行状態。


空港全体を撮影することができました。
視程もよく、遠くに富士山の姿も。
2014年11月27日に大噴火を起こした長野県の御嶽山も上空から見えました。

巡航高度40,000feetでANAのB767-300とのすれ違いも。

高度をどんどん下げ、まもなく広島空港に着陸です。

広島空港 着陸

広島空港にR/W10で着陸。

飛行時間はあっという間の1時間20分。

機体後方から。(復路便で撮影)

kumari
航空会社名は「春秋航空日本」ですが、CAのアナウンスではみなさん「Spring Japan」と言っていました。
実際に当時書いていただいたフライトログブックの航空会社名にも「Spring Japan」との記載が。
現在国内線は成田から新千歳・広島・佐賀しか飛んでいないので意外とレアな航空会社かもしれませんね。

【関東】成田国際空港撮影スポット

2018年10月6日

【中国】広島空港撮影スポット

2019年1月30日

2019年最新!【国内エアライン図鑑】全25社を写真付きで紹介<br>日本国内に就航する定期航空会社カタログ

2019年11月7日

広島空港で発生したアシアナ航空162便着陸失敗事故を徹底考察する。

2018年10月17日

シルクエアーのBoeing 737 MAX 8を日本で唯一定期就航している広島空港で撮影!

2018年10月30日