YouTubeにて「空港ではたらく車」配信中!

【丘珠→函館】北海道エアシステム(NTH)ATR42-600搭乗記。最新鋭機材で遊覧飛行気分

北海道エアシステムの新機材に乗ってきた

kumari
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗しているkumariです。

今回はなんと2020年4月より北海道エアシステムに導入されたばかりのATR社製最新鋭機!
ATR42-600型機に乗ってきました!

ATR社はエアバスグループの一つで、コックピットはエアバスA380の技術を取り入れたグラスコックピットに最新の航法機器を装備しています。

【AIRBUS】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2021年最新!【国内エアライン図鑑】全27社を写真付きで紹介。日本国内に就航する定期航空会社カタログ


フライトログ

10月の北海道にしては温かめの気温。わずか30分のフライトでした。飛行高度も低めです。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

ATRに搭乗すべく札幌丘珠空港へ

北海道民の翼として北海道内各地(一部青森県)の空を結んでいるJALグループの北海道エアシステム(通称:HAC)。

HACでは古くなった使用機材「Saab340B」を、新しい「ATR42-600」へと順次更新しています。
2020年4月には初号機(機体記号:JA11HC)が導入されました。

【丘珠→函館】北海道エアシステム(NTH)SAAB340B搭乗記。吹雪の中、退役が近づくHACのサーブに乗ってきた

今回はそのATR42-600に乗るべく丘珠~函館線を利用することにしました!

特別塗装機に搭乗

丘珠空港搭乗口。

JALのステイタスを駆使して優先搭乗!

JALマイル修行のやり方や費用をご紹介。JMBサファイアを達成!

先陣を切って飛行機に向かいます。 

搭乗機とご対面!

特別塗装

2020年10月現在、HACが保有するATR42-600はこの初号機1機のみ。

特別塗装が施されており、機体左側には赤いキタキツネをワンポイントに6つの就航地を雪の結晶で表現。
右側にはシャケやコンブなど北海道の特産品が描かれており、左右で異なるデザインとなっています。
なんとなく北欧風でオシャレですね!

釧路空港にて撮影した反対側。

機内空間

これまでよりもひと回り広く快適な居住性となり、LED 照明により明るく開放的な雰囲気となっています。

今回指定した座席は2A。
進行方向左側の最前列です。

右側には「お見合い席」。

これまでに搭乗した飛行機で、このようなお見合い席がある機材は天草エアライン(AMX)、日本エアコミューター(JAC)のATR、オリエンタルエアブチッジのBombardier DHC8-Q200だけなので結構珍しいですね。  

【搭乗記】子連れで天草エアライン(AMX)に乗るメリット、デメリット

【福岡→福江】長崎の島旅!オリエンタルエアブリッジ (ORC)DHC-8-200搭乗記

【福江→福岡】希少な航空機!オリエンタルエアブリッジ (ORC)DHC-8-200搭乗記

最前列からはこのようにプロペラを真横から見ることができます。 

こうやって一眼レフで写真を撮っているとCAさんに「この座席は非常口座席となっておりますので、大きなカメラは膝の上でもご遠慮ください」と言われてしまいました。

マジか・・・

写真を撮りたくて仕方なさそうな僕を見て、「反対側の3D席が空いておりますのでどうぞ」と言ってくださり、即移動。(顔に出すぎてすみません…!)

進行方向右側前方席に着席。

R/W14で丘珠空港を離陸しました。

シート・機内誌・サービス

座席配列は2-2。
シートピッチはそんなに狭くなく、一般的なピッチでしょう。

安全のしおり

機内誌「HAC MAGAZINE

JALのアルコールシートと飴が配られました。

近距離遊覧フライト

札幌と函館、陸では離れていますが空ではご近所さん。

飛行時間も短く飛行高度も低いため、天気のいい日には景色を楽しむことができます。

鹿部飛行場。

函館空港が見えてきました。
天気がいいのでよく見えます!

函館空港の南側からのサークリングアプローチ。

R/W12に着陸!

飛行時間は31分、飛行高度はたったの16000feetでした。

機体後部のドアから降機。

晴れの函館空港に到着です。

kumari
Saab340BからATR42-600に順次更新される北海道民の翼。

この新しいATRもいいですが、退役していくSaab340Bにもできるだけ乗っておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。