【那覇(OKA)→神戸(UKB)】
スカイインテリア仕様の快適な機内
ソラシドエア(SNJ)B737-800搭乗記

kumari
九州・沖縄と日本各地を空で結んでいるソラシドエア。
同じMCC(Middle Cost Carrier)で同じ運航機材(B737-800)のスカイマーク(SKY)と重複する路線も多く(11路線中5路線)、今回搭乗した神戸ー那覇線もその対抗する路線の1つです。
マキ美
MCC(ミドル・コスト・キャリア)は簡単に言うと、ANAやJALなどのフルサービスキャリアよりは安く、ジェットスターやピーチのようなLCCの中間にあたるキャリアのことです!

ソラシドエアとは?

ブランドコンセプト

空(Sola)から笑顔の種(Seed)を蒔く

音階の「ドレミファソラシド」のソラシドとかけ、上昇するイメージ、弾むような楽しさ、親しみやすさといったイメージも併せて表現しているようです。

画像:ソラシドエア公式

コーポレートカラー

ソラシド ピスタチオグリーン

人々が笑顔で「調和」し、そのなかで「共生」する世界観およびソラシドエアの「若々しさ」「成長」を表現し、また、緑豊かな九州をイメージしているようです。

フライトログ

搭乗日2013年9月
航空会社ソラシドエア(SNJ)
便名6J30
出発空港那覇(OKA)
到着空港神戸(UKB)
区間マイル736マイル
飛行時間1時間38分
機種B737-800
機体記号JA803X
クラスY エコノミークラス
座席番号29A

那覇空港 国内線ターミナル

那覇空港では沖止めのオープンスポット。38A搭乗口からのバス搭乗です。

敬遠されがちのバス搭乗ですが、飛行機好きには搭乗機を間近で撮れる絶好の撮影タイム。
目の前にコーポレートカラーであるピスタチオグリーンの機体が現れました。

搭乗機はB737-800、JA803Xの「神話のふるさと みやざき号」。
機体には宮崎県のシンボルキャラクター「みやざき犬」と「神話のふるさと みやざき」のロゴが施されています。

※この後、鹿児島県さつま町をPRする「ひっ翔べ!さつま号」として運用され、2019年7月現在はノーマル塗装となっています。

現在ソラシドエアが運航している機材は全て新造機が導入されているため、機内は新しく綺麗。
内装にLED照明を取り入れたスカイインテリア仕様機なので夜間のフライトは一層映えます。

機内サービス

無料のドリンクサービスがあります。オススメはアゴユズスープ!
長崎県産アゴ(トビウオ)と大分県産ユズのハーモニーは絶品です。

機内では那覇空港で買った空弁をいただきました。
スカイインテリアのおかげで色味が真っ青になってしまいました^^;

神戸空港到着

あっという間に到着。

kumari
神戸ー那覇線は1日3往復も運航しているのでとても便利!
運航機材やサービスは対抗するスカイマークとほぼ互角なので、あとは両社の運賃を比べて使い分けたいですね。

【解説】MCC(中堅航空会社)4社まとめ!

2019年8月1日

【2019.07関西発】格安旅行がしたいなら。スカイマークを選ぶ5の理由【LCCのピーチと比較し実証】

2019年7月21日

【2019年10月最新!手数料一覧】国内LCC5社は本当にお得か?スカイマークと比較検証してみる。

2019年10月27日

【2019年10月最新】LCCはなぜ安い?その秘密を徹底検証してみた。<br>ついでに国内LCC5社を細かく紹介します。

2019年10月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。