フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【羽田空港で飛行機撮影】ダイナミックな写真を撮るならイノベーションシティ内にある足湯スカイデッキがおすすめ!

羽田イノベーションシティで飛行機写真撮影

たーびん
2020年に羽田空港近くの天空橋に誕生した新施設「羽田イノベーションシティ」。

この羽田イノベーションシティ内にある足湯スカイデッキでは大迫力の飛行機写真を撮ることができるんです。

今回はここで僕が実際に撮影した超かっこいい飛行機写真(自画自賛)をどどーんとご紹介していきます!

「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」の宿泊記はこちら

開放的で良好な撮影環境

たーびん
まずは撮影環境から。

足湯もあってほぼ360度見渡せるのでかなり撮影環境はいいですよ。

ウッドデッキに足湯

足湯スカイデッキはその名の通り足湯のあるスカイデッキ。
ウッドデッキで開放的です。

足湯スカイデッキからの眺め

右側を向けば国際線の第3ターミナル。
コロナ禍で開業が遅れているホテルヴィラフォンテーヌ羽田空港も見えます。

その右側には2021年度末に開通する羽田空港と神奈川県川崎市を繋ぐ新しい橋「多摩川スカイブリッジ」。

旧整備場近くに駐機中の飛行機もよく見えます。

視程がいいとスカイツリーもよく見まえます。

C滑走路16Rで離陸した飛行機は、第3ターミナルの上に小さく見えます。

D滑走路23に着陸する飛行機は離れすぎているので撮影は難しいですね。

B滑走路22を離陸する飛行機をダイナミックに撮影できる

たーびん
このスポットの醍醐味は、B滑走路22を離陸する機体をダイナミックに撮影できること。

どうぞご覧ください!

日本航空(JAL)B737-800

離陸後はほぼ真上を通過するので、車輪を格納した機体を撮影することができます。

日本航空(JAL)B767-300

日本航空(JAL)B787-8

大きな機体になればなるほど滑走距離が長く、より近くで離陸するためかなり迫力があります。

全日本空輸(ANA)A321

全日本空輸(ANA)B787-8

全日本空輸(ANA)B787-8

スターフライヤー(SFJ)A320

ソラシドエア(SNJ)B737-800

スカイマーク(SKY)B737-800

超望遠レンズで新ルート16L/R着陸機の撮影も可能

超望遠レンズなら東京都心上空を通って降りてくるA滑走路16RやC滑走路16Lに着陸する機体の撮影も可能です。

たーびん
今回僕が撮影に使った機材は、本体がEOS 5D MarkⅣ(フルサイズ機)、レンズは100-400mmです。
参考にしてみてくださいね。

A滑走路16R着陸

日本航空(JAL)A350-900

今話題の東京オリンピック塗装機の「みんなのJAL2020ジェット3号機」です。

日本航空(JAL)B767-300

全日本空輸(ANA)A321

AIR DO(ADO)B737-700

こちらを向いてB滑走路22離陸を待つANAも見えます。

AIR DO(ADO)B767-300
「ベア・ドゥ」特別塗装機

C滑走路16L着陸

スカイマーク(SKY)B737-800
「ピカチューJET」特別塗装

日本航空(JAL)B767-300
ディズニー塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」

B滑走路22離陸するANA。

狙い目は南風が吹く日の15時から19時頃

このイノベーションシティで撮影するにあたって注意してほしいのが、このような写真を撮るには条件が揃わないといけないということ。

ダイナミックなB滑走路22離陸や、東京都心から降りてくるA滑走路16R・C滑走路16L着陸は、羽田空港の滑走路が南風運用されている15時から19時の間でのみ見ることができます。

(R/W16R着陸時に左側座席から見える東京タワーとスカイツリー)

たーびん
2020年から始まった東京都心上空を通る新着陸ルートは、騒音や反対派がいるなどの問題もあることから、羽田空港の滑走路が南風運用されている15時から19時の間のうち3時間程度と決められているからですよ。(2021年8月現在)

天気予報で風向きを見て、条件が揃う時にぜひチャレンジしてみてくださいね!