フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【北大東→南大東】大東島三角飛び第2便!国内最短定期路線の飛行時間は何分?琉球エアーコミューター(RAC)DHC8-Q400CC搭乗記

たーびん
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗したたーびんです。

那覇から北大東島、南大東島を経由して再び那覇に戻る“大東島三角飛び”。
今回は2便目となる北大東発南大東行きのRAC73便の搭乗記です。

この路線はなんと国内航空定期便の最短路線となっています!

フライトログ

たーびん
ダイヤ上は20分。
実際は出発から到着までたったの17分でした!
フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

搭乗レビュー

たーびん
それでは国内最短路線となる北大東〜南大東便の搭乗記をお届けします!

北大東空港での乗り継ぎ

那覇空港から北大東空港を経由して南大東空港に向かう場合、到着してそのまま出発ロビーで待つように案内されます。

せっかく来たから空港を見たかったので、係員の方に一度出たいと言うと普通に出してもらえました。

改めて保安検査を受けて搭乗口へ。目の前に機体が見えます。

優先搭乗を駆使して搭乗機撮影

ステイタスの優先搭乗があったので、JGCサファイア会員として先に搭乗。

後ろから誰も来ず、ゆっくり写真を撮ることができました。

同じ機体でも撮影する空港によって雰囲気が変わりますね。

搭乗機は先程那覇から乗って来た機体、DHC8-Q400CC(JA83RC)。

座席は機内前方進行方向左側の4Aです。

ここはプロペラの少し前。

国内最短路線の飛行経路はあえて遠回り?

シートベルトサイン点灯のまま飛行するとのアナウンスがありました。
それだけ近いってことですね。

空港スタッフに見送られながら出発。

滑走路端で180°ターンしてランウェイ21で離陸します。

南向きのR/W21で離陸後は大きく右旋回。

北大東空港を南向きのR/W21で離陸した場合、ほぼその延長線上に南大東空港の滑走路R/W20があるので、離陸後ストレートに飛べば3分ほどで着陸できます。

その距離は約11.5km(≒6マイル)。

なのに、離陸後大きく右旋回。

車輪を格納し、360°旋回。左手に離陸した北大東空港見えました。

そのまま北大東島を縦断。

海に出たところで車輪を出し、すぐに南大東空港のR/W20に着陸となりました。

飛行時間は6分10秒ほど。

飛行経路はこんな感じでした。

たーびん
調べたところによると、最短距離で飛行しようとすると、飛行時間が短すぎて離陸後の手順や着陸前の手順をする暇がないとの情報も。

わざわざ遠回りをしてるということですね。

降機。

あっという間に半円デザインの南大東空港に到着です。

たーびん
国内最短定期路線は本当にあっという間。北大東島から南大東島まで船なら1時間かかるところをたった7分弱の飛行で到着となりました。

実はこの前日に国内最長定期路線の新千歳〜那覇便に乗ったんですよね。
国内最長定期路線に乗った翌日に国内最短定期路線に搭乗。
おもしろい経験となりました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。