フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【成田発着】ホノルル線の旅気分!「ANA レストランFLYING HONU」に参加して世界最大旅客機エアバスA380を間近で体感してきた

コロナ禍で始まったANA国内チャーターイベント

たーびん
新型コロナウイルスの感染拡大により、なかなか旅行に行くことや飛行機に乗ることが少なくなった今、ANAではチャーターイベントが頻繁に行われていますよね。
  • FLYING HONU チャーターフライト
  • 翼のレストラン
  • 退役記念フライト etc.

成田空港で開催されたレストラン「 FLYING HONU」に行ってきた

たーびん
ANAのチャーターイベントの1つ、成田空港で開催されたレストランフライングホヌに参加してきました!

駐機中のANAが所有する世界最大の旅客機エアバスA380フライングホヌ2機を活用し、機内食を楽しむレストランと機内見学会が合わさったイベント。

参加したいと思ったこのイベントの魅力

これまでにANAやJALで開催されている「飛行機レストラン」なら、正直なところ僕にとってはあまり魅力がないんですよね。
チャーターフライトは高いし…。

しかもコロナ禍で度々行われている遊覧飛行などでは飛行中の機窓からの写真を撮ることができても、機体の写真ってあまり撮れないじゃないですか。

と思っていた矢先に発表されたこのイベントは、機内見学やその前後には飛行機の外からも写真を撮れるということで、写真好きの僕にとっては最高の内容!
しかもレストラン機と機内見学機としてANAが所有するA380フライングホヌが2機とも使用されるとのこと。

ツアーは高いものからファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラス利用のプランがあり、今回は一番安いエコノミークラスを申し込みました。

たーびん
結果、エコノミークラスでも超楽しくて写真もたくさん撮れた最高のイベントでした!!

イベントレポート

たーびん
それではたくさんの写真とともにイベントの様子をお伝えしていきます!

開催地は成田空港

成田空港第1ターミナル

国内線チェックインカウンターでチェックイン。

本物さながらのチケットとパンフレット、ホヌのボールペンをいただきました。

出発地は成田、到着地も成田のNH2029便。
出発時刻や搭乗時刻は架空のものですね。

保安検査を受けて搭乗口へ。

ここまでは全て実際に“飛ぶ”飛行機に乗るのと同じ流れです。

行き先はホノルル

国内線B/C搭乗口。

モニターに映し出された行き先はなんとホノルル!

成田〜ホノルルはフライングホヌが実際に運航している路線ですね。

ランプバスで巨大旅客機のもとへ

バスに乗って飛行機のもとへ。
駐機場はターミナルからかなり離れた448番と450番スポット。

まず見えてきたのはハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンの2号機JA382Aです。

その後ろを回りハワイの「空」をイメージしたANAブルーの1号機JA381Aのもとに到着。

たーびん
近くまで来るとかなり迫力がありますね。

機内見学機ANAブルー「ラニ」

まずは見学機となっている1号機の機内に入ります。

なかなか珍しい?R1ドアから搭乗

このショットが珍しいのってわかりますか?

通常お客さんが飛行機に乗り込むのは飛行機の進行方向左側からですが、今回は右側から。
なかなかこの向きからの写真を撮ってる人は少ないのではないでしょうか。

エコノミークラス

まずはメインデッキと呼ばれる1階部分の見学から。
メインデッキはすべてエコノミークラスとなっています。

座席配列は3-4-3。就航2周年のパネルが飾ってありました。

次は機内最後方の階段からアッパーデッキと呼ばれる2階へ。

プレミアムエコノミー

アッパーデッキ後方はプレミアムエコノミーとなっています。

座席配列は2-3-2ですね。

ビジネスクラス

続いて中央にあるビジネスクラスへ。

全席通路に面した座席配列1-2-1のスタッガードシート。

ビジネスクラス前方にはバーコーナーも設けられています。

ファーストクラス

最後はアッパーデッキ前方に8席しかないファーストクラス。
32型のモニターが備わっています。

扉も付いてプライベート感がすごい。

たーびん
扉も付いて完全フルフラット!
これはカプセルホテルの比じゃないですね。

機内最前方のバーカウンター。

機内最前方のトイレは広いです。

超貴重!A380のコックピットを撮影

階段を降りてメインデッキへ。

A380のコックピットはアッパーデッキとメインデッキの中間、メインデッキの最前方から少し階段を上ったところにあります。

コックピットに向かう階段の手前にはカーテンがかけられ、コックピットが見えないようにされていますが、その隙間から…しかもコックピットドアが少し開いてる!

お願いして、他のお客さんがいない時に写真を撮らせてもらいました!

たーびん
いやー、これはかなり貴重なんじゃないでしょうか。
スロットルレバーが4つ。これがエアバスA380のコックピットですよ。

見学用の1号機はこれで終了となり、進行方向左側のL1ドアから降機。

機体の両側から同じような角度で撮ったショット。なかなかおもしろい。

充実の機外撮影タイム

機体の外では撮影しまくり。

向こうには2号機が見えます。

4つのエンジンが付いた超大型機。

この角度好きなんですよね。

レストラン機エメラルドグリーン「カイ」

再びバスに乗ってレストラン機となっている2号機へ。
バス車内でも写真を撮りまくり。

レストラン機とは言えど、機内に入る前にもたくさん写真を撮ることができます。

パイロット・シェフ・CAの方々がお出迎え。写真を撮らせていただきました。

L1ドアから機内へ。

L1ドアの上部のプレートも撮ってみました。

機内の撮影をしながら自分の席に向かいます。

カウチシート(ANA COUCHii)

今回割り当てられた席は機内後方の74K。

カウチシート(ANA COUCHii)の席ですね。
足元のレッグレストを上げると寝転んでベッドように利用することができるシート。

安全のしおり

安全のビデオも放映されました。モニターが大きいですね。

大満足の機内食

シートポケットに入っていたドリンクメニュー。

たーびん
機内食が配られ、今回のメインイベント「レストランフライングホヌ」開店です。

エコノミークラスの機内食にしたら結構豪華じゃないですか。

メニューはこんな感じ。

メインディッシュのビーフハンバーグステーキロコモコ風を始めとして全部美味しかったですよ。

ドリンクはビールやワインなどのアルコールもありました。
僕はANA国際線の機内でしか提供されない「香るかぼす」をいただくことに。

食後にはハーゲンダッツのアイスクリームもいただきました。

食後にはコーヒーも。

たーびん
ホヌ専用の紙コップ。全種類ほしいとお願いしたところ、こんなにもいただきました。ありがとうございます!

機内照明を虹色にする演出も。

たーびん
途中じゃんけん大会やこのイベントのためだけに撮影された特別な動画がモニターで放映されたりとエコノミークラスでも豪華で十分満足できたレストランでした!

充実の機外撮影タイム

食事の時間は慌ただしく過ぎ、すぐに降機の時間となりました。

降機はL2ドアから。

こんなにエンジンの近くに寄れるなんて超幸せ。

タイヤの数もハンパない。

またこの角度からの写真を撮ってしまいます。

これにてイベント終了。バスに乗ってターミナルに戻ります。

機体の後ろ側を通ってくれるサービス嬉しいですね。

バイバイホヌ〜!

到着口では記念品やラニ・カイ・ラーとの記念撮影

第1ターミナル到着口で記念品をいただきました。(写真はビジネスクラスのもの)

ホヌのキャラクターとの記念撮影も。
(左から「ラー(La)」「ラニ(Lani)」「カイ(Kai)」)

記念品の中身

エコノミークラス利用でいただいた記念品をご紹介。

  • スヌーピーのトラベルポーチ(中にマスクなどの感染予防グッズ)
  • 不織布バッグ
  • ホヌのどら焼き

FLYING HONU機内限定のぬいぐるみ(3,300円)も事前予約で購入しました。

たーびん
この数日後、国内線の機内とラウンジからWi-Fiで接続できる通販サイト「ANA STORE@SKY」で販売が始められることを知り、ショックを受けております・・・

イベント「レストランFLYING HONU」に参加した感想

たーびん
豪華な機内食に記念品。
これだけ楽しめてツアー代金は8,500円!(ぬいぐるみ代別)
超お得ですね!!

それに加えて飛行機が大好きな僕にとって一番興奮したのが、2機の世界最大の旅客機エアバスA380フライングホヌを超間近で撮影することができたので最高のイベントでした!

まだ6月、7月開催分の予約受付中のようです。気になる方は是非行ってみて下さいね。

→レストラン FLYING HONU

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。