フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【那覇→北大東】大東島三角飛び第1便!洋上飛行の琉球エアーコミューター(RAC)DHC8-Q400CC搭乗記

たーびん
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗したたーびんです。

今回搭乗したのは沖縄の翼「琉球エアーコミューター(RAC)」。

那覇空港から北大東空港、南大東空港と乗り継いで、再び那覇空港に戻ってくる“三角飛び”をしてきました。
今回は1便目、那覇発北大東行き847便の搭乗記です!

フライトログ

たーびん
出発時間は13時05分発とゆっくりだったので、早めの昼食をとって空港に向かいました。
フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

 

昼食は地元で有名だった「波布(はぶ)食堂」跡地にできた「港町通堂製麺所」で。

搭乗レビュー

たーびん
それでは大東島三角飛び1便目の搭乗記をお届けします!

プロペラ機運航は安定のバス搭乗

搭乗口は28C。

今回乗るRACの機材は全てプロペラ機。
バスでの搭乗となります。

搭乗機とご対面。

貨物室を拡張したコンビカーゴ機

搭乗機は胴体後方の貨物室を通常の2.5倍に拡張し、貨物輸送力を増強したコンビカーゴ機、ボンバルディアDHC8-Q400CCです。

座席は機体前方の進行方向左側5A。

この席はプロペラの少し前に位置するため、窓から景色がよく見えます。

那覇空港南風運用ランウェイ18で離陸。

大東島までしばらくの洋上飛行となります。

機内販売・ドリンクサービスがある路線

RACの機内販売案内はいつもラミネート加工された手作り。

配送商品として特選石垣牛のハンバーグや霜降りサーロインステーキもあったり。

この路線はRACの中では飛行時間が長い路線にあたり、ドリンクサービスがあります。

ドリンクの種類を選ぶことはできないですが、とてもよく冷えたお茶を紙コップに入れて配ってくれます。

洋上飛行から突如現れる島

ドリンクを飲み終わる頃には高度を落とし始め着陸態勢に。
ずっと島もない海の上を飛行しているので、窓からの景色はほとんど変わることはありません。

北大東空港ランウェイ21に着陸。

定刻よりも5分早い到着となりました。

小さな空港なのでPBBはなく、徒歩にて降機。

多くの方がエプロン上で飛行機の写真を撮っていました。

たーびん
毎年台風が直撃することで有名な大東島。
この日は運良く天候にも恵まれ快適な空の旅でした。

次はこの旅一番の目的、北大東〜南大東便に搭乗です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。