【宮古→多良間】12分間の洋上飛行!シートピッチ国内No.1の琉球エアコミューターDHC8-Q400CC搭乗記

宮古列島を結ぶ離島路線

kumari
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗しているkumariです。

今回は沖縄の離島と離島を結ぶ宮古〜多良間線に搭乗。
飛行時間はかなり短いながらもJALグループの琉球エアコミューターのDHC8-Q400CCは足元も広く快適でした!

【2020年10月最新版】全15種類!<br>日本航空(JAL)グループ保有機材カタログ


フライトログ

宮古列島を結ぶ所要時間たったの25分のダイヤ。

12分間の洋上飛行!
巡航高度は約1900フィートとかなり低空飛行でした!

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

貨物室を拡大したボンバルディアDHC8-Q400CC

今回の搭乗機は琉球エアコミューターのボンバルディアDHC8-Q400CC。
通常のDHC8-Q400の貨物室を2.5倍に拡大し、貨物輸送力を増強したコンビカーゴ機です。

展望デッキでお出迎え。

【沖縄】宮古空港(MMY/ROMY)飛行機写真撮影スポット

発着便数がかなり増加し、かなり狭くなっていた搭乗口が拡張されていました。

搭乗口の大きなモニター(プロジェクター?)も健在です。

最前列座席の広すぎる足元

A2GATEより搭乗。

JGCサファイヤを駆使し優先搭乗。

JALマイル修行のやり方や費用をご紹介。JMBサファイアを達成!

オープンスポットです。

機体記号はJA85RC。ノーマル塗装機でした。

【2020年最新!国内スペマ機図鑑】日本の航空会社が運航する特別塗装機写真カタログ(随時更新)

座席数は50席。
通常のDHC8-Q400は74席仕様が多いところ、6列分も減らしています。

今回の座席は進行方向左側の一番前、1A。
この足元の広さすごくないですか?

僕の長い長い足でも前に届きませんw

他の座席でもシートピッチは35インチ(89cm)と通常機の31インチ(約79cm)よりも約10cmも広くなっています。
国内航空会社の国内線普通席の中で一番広いシートピッチではないでしょうか。

機内前方部分もかなり広く作られていますね。

一瞬コックピットが開いたのでパシャリ。

12分間の洋上飛行

離陸は北向きのR/W04。

ターニングパットで180°ターン。

宮古市街地を左手に上昇し、右に大きく旋回します。

宮古島から多良間島までは終始海の上の飛行。

ほとんどを高度を上げないまま着陸体勢に。

透明度抜群の海に搭乗機の影が写っていい感じですね。

北向のR/W36で着陸。

宮古空港から多良間空港へ一瞬で到着しました。

小さな空港でも立派な化学消防車(ローゼンバウアー社製)が配備されているんですね。

PBBがないので徒歩で到着口へ。

沖縄らしい空が広がっています。

kumari
たった12分間の洋上飛行!

多良間島は多良間島へは、宮古島から運航する琉球エアコミューターの飛行機のシートピッチも広く、快適に一瞬で訪れることができる南の島ですよ!
JALのステータス回数修行にもぴったりかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。