フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【石見→羽田】国際線機材で快適な空の旅!全日本空輸(ANA)A320neo搭乗記

通年運航は羽田便2往復の萩・石見空港

たーびん
全日本空輸(ANA)が運航する石見〜羽田路線。

夏季限定の伊丹便に乗って石見空港入りし、飛行機撮影をした後は羽田行きに搭乗です。
石見空港は、この羽田便2往復だけが通年運航されています。

展望デッキで搭乗機をお出迎え

今回乗る機材は羽田から到着の折返し。
羽田からの到着を展望デッキで撮影してから搭乗口に向かいました。

搭乗レビュー

たーびん
搭乗日は2022年伊丹〜石見線季節運航初便の8月5日です。

フライトログ

搭乗機材はコロナ禍までは近距離国際線として使用されていたエアバスA320neo。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

唯一の搭乗ゲート1

前便の到着を撮影し、急いで保安検査を受け搭乗口へ。
石見空港発着の定期便は少なく、便が輻輳することはほとんどないため、搭乗ゲートはこちらの1番のみ。

プラチナ会員として、一足先に飛行機に乗り込みます。

透明で開放的なPBB。

トーイングカーは可愛くデコレーションされています。
空港で養蜂された空港はちみつがモチーフなんでしょうね。

国際線仕様機A320neoに搭乗

エンジンのブレードがかっこいいneo。

今回の座席は進行方向左窓側のA席。

A320neoは、普通席でも全席座席モニターが備わっており、機内では暇することなく過ごすことができます。

シートの詳細については以前ご紹介しているので、こちらをご覧くださいね。

自席からの眺めはこんな感じ。

快適な空の旅にテイクオフ

プッシュバックして滑走路へタキシング開始。

平行誘導路はないため、滑走路を通って離陸に備えます。

滑走路端のターニングパットで180°ターンし、ランウェイ29で離陸。

巡航高度39000フィートを目指し上昇。

良好な機内環境

A320neoは新しい機体で窓も大きいため、このような綺麗な写真が撮れます。ポスターにいいかも。

鬼滅の刃とコラボしたドリンクカップ。

安全のしおりまでも市松模様。

綺麗な空と美しく反り上がったシャークレット。

機窓からの景色もよく、シートモニターもあるため機内では全く飽きることなく快適に過ごせます。

コロナ禍で活躍した飛行機から運航停止された機体を見る

羽田空港には浮島を見ながらランウェイ34Lで着陸。

飛行時間は1時間18分でした。

遠くにスター・ウォーズを発見!

スポットにタキシング中、オリンピック塗装の「HELLO 2020 JET」を発見。

東京オリンピック特別塗装機にも関わらずPW4000エンジン問題で東京オリンピックシーズンには運航が停止されていました。

改修のためか、エンジンの整備が行われているように見えます。

今しか見られないサテライトターミナル

到着スポットは408。

現在は第2ターミナルからバスでしかアクセスできないサテライトターミナル。

たーびん
2025年3月には第2ターミナルとサテライトが接続されると発表されているので、これが貴重な思い出になるのでしょうね。

以上、1日2往復しかない東京と島根県西部を結ぶNH726便のフライトレビューでした!