フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【沖永良部→徳之島】鹿児島の離島を結ぶアイランドホッピング!日本エアコミューター(JAC)ATR42-600搭乗記

たーびん
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗したたーびんです。

今回は日本エアコミューター(JAC)のプロペラ機、ATR42-600に乗って鹿児島の離島「沖永良部空港」から鹿児島の離島「徳之島空港」まで行ってきました!

前便の那覇〜沖永良部からの乗り継ぎです。

搭乗レビュー

フライトログ

小さな空港から小さな空港までのコミューター路線です。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

沖永良部空港搭乗口

鹿児島の離島である沖永良部空港の搭乗待合室は売店もなく、かなりコンパクト。

搭乗待合室にいるお客さんはこれだけ。
搭乗者は少なそうです。

搭乗待合室から見た搭乗機。

ついさっき那覇から乗ってきた機体の日本エアコミューターのATR42-600(JA03JC)です。

オープンスポットでの搭乗

搭乗開始。
JGCサファイア会員として、優先搭乗します。

ATRの搭乗は後部ドアから。

優先搭乗したお陰でこんなキャビンショットも撮れました。

ちなみにこのATR42-600の客室乗務員(CA)さんは1名だけで、ボーディングドア付近に立っているため、優先搭乗すると誰も写っていないこのような写真を撮ることができます。

客室最前列の向かい合い席。

今回の座席は3A。
進行方向左側の前方席です。

機内に入ると急に雨が降ってきました。
優先搭乗した時は晴れていましたが、後から乗ってきた人はずぶ濡れ。

沖永良部空港離陸

滑走路端で180度ターンし、雨の沖永良部空港をR/W22で離陸。

離陸した時には晴れ間が見えていました。

左旋回。

離陸した沖永良部空港を見ながら上昇していきます。

とはいえ、巡航高度は6100フィートとかなり低め。

前方座席は空席ばかりで快適。

束の間の洋上飛行

低高度の洋上飛行も束の間、すぐに徳之島が見えてきました。

海がとても綺麗ですね。

徳之島空港のR/W19に着陸。

飛行時間は24分でした。

到着。

降機時にも機内をパシャリ。

モヤモヤの写真。
外に出ると湿気がすごく、カメラレンズが曇ってしまいました。

レンズを拭いて改めて撮影。

愛称は徳之島子宝空港。

徳之島子宝空港とは、2012年の開港50周年に合わせて公募によって付けられた愛称で、当時出生率のトップに徳之島の3町がランクインしており、子宝の島として話題になったことが由来のようです。

受託手荷物受取所には藁葺き屋根。

2021年7月に世界自然遺産に登録されたばかりの徳之島ですが、コロナ禍によりターミナル内のお店は2店舗のみオープンしており、残念ながらレストランなどは閉まっていました。

たーびん

鹿児島の離島と離島を結ぶコミューター路線。

あっという間のフライトでしたが、小型プロペラ機でのアイランドホッピングを楽しむことができました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。