フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【那覇→沖永良部】JALグループのプロペラ機で沖縄本島から鹿児島の離島へ!日本エアコミューター(JAC)ATR42-600搭乗記

たーびん
鹿児島空港を拠点とするJALグループの翼「日本エアコミューター」のATR42-600に乗って、沖縄の那覇空港から鹿児島県の離島、沖永良部空港まで行ってきました。

フライトログ

たーびん
巡航高度は9100フィートととても低かったので、景色を楽しめました。
フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

搭乗レビュー

バス搭乗

搭乗口は1階の28A。

この搭乗口からの出発はバス搭乗となります。

バスに乗って駐機場に向かうと今回の搭乗機が見えてきました。

JALグループのコミューター路線を担うプロペラ機

今回搭乗する飛行機は、JALグループで鹿児島空港を拠点にプロペラ機を運航する日本エアコミューター(JAC)のATR42-600。

天草エアライン(AHX)が運航する“みぞか号”と同じ機種ですね。

この飛行機の特徴は、機体後方の扉からの搭乗。

他の飛行機ではなかなか撮ることができない機体後方からの写真が撮れます。

今回の座席は進行方向右窓側の3D。
座席配列は2-2です。
隣の席の人が先に座っていたのでシートの写真は撮れていません。

この便の利用者は少ないと思っていたらほぼ満席。ビックリです。

那覇空港離陸

滑走路に向けてタキシング開始。

南向きの滑走路18Lで離陸です。

第2滑走路と瀬長島。

ウミカジテラスや瀬長島ホテルが見えますね。

順調に飛行を続け巡航高度9100フィートに。

ドリンクのない機内サービス

機内でのドリンクサービスはありませんが、希望者には金平糖あめとポストカードが配られました。

安全のしおり。

沖永良部空港着陸

低い高度から降下開始です。

滑走路22に着陸。
滑走路端で180度ターンし駐機場に向かいます。

あっという間に沖永良部空港に到着となりました。

写真撮り放題の徒歩降機

搭乗橋もない小さな沖永良部空港。

飛行機を間近で見れるのはいいですよね。

徒歩でターミナルへ。
空港の愛称は「えらぶゆりの島空港」

管制塔もあります。

平屋建てのターミナルビル。

たーびん
沖永良部空港では乗り継ぎ。
一度ターミナルビルを出て見学後、次の出発地に向かいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。