フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【札幌丘珠→釧路】夕暮れの乗り継ぎフライト!北海道エアシステムSAAB340B搭乗記

たーびん
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗したたーびんです。

今回は前回に引き続き、北海道内路線の搭乗記。
利尻空港から札幌丘珠空港を乗り継いで、釧路空港まで北海道エアシステム(NTH/HAC)を利用しました。

利尻からの乗り継ぎ

利尻〜丘珠便に乗り、ここ丘珠空港で釧路行きに乗り継ぎとなります。

利尻から乗ってきたSAAB340B(JA02HC)。
これから乗る釧路行き2869便も同じこの機体となりました。

フライトログ

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

搭乗レビュー

たーびん
それでは丘珠〜釧路便の搭乗記をお届けします!

優先搭乗で機内に一番乗り

利尻から到着し、一度到着ロビーに出たので再度保安検査を受けて搭乗ゲートに来ました。

丘珠空港でも優先搭乗があり、一番に機体へ。

搭乗機は利尻から乗ってきたJA02HCでした。

座席は前方一人席の3Aです。

夕暮れの北海道横断

定刻より少し早く出発し、夕暮れの丘珠空港を離陸。

乗っているのは2021年秋に全機退役するSAAB340B。

前方座席からはプロペラの動きがよく見えます。

この便の乗客は少なめ。前方座席は空席が目立ちます。

飛行中に日が暮れ、夜のフライト。

途中から暗くて景色をあまり見ることができませんでしたが、北海道の内陸部を横断するルートを飛行したはずです。

釧路空港の南風運用のR/W17に着陸。

オープンの2番スポットに到着です。

釧路空港ではたくさんのタンチョウがお出迎え

タンチョウが生息することで有名な釧路。

空港のあらゆるところにタンチョウが隠れています。

たーびん
今回乗った2号機は2021年秋頃に退役し、日本の航空会社が運航するSAAB340Bはすべて姿を消すことになります。

北海道内を退役間近のSAAB340Bを乗り継いで移動!貴重な体験となりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。