【釜山(プサン)】韓国のマチュピチュ?サントリーニ島?
甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)

スポンサーリンク

甘川洞文化村

kumari
韓国・釜山にある甘川洞文化村。飛行機に乗ったついでに日帰りで行ってきました。
カラフルな街並みで入り組んだ路地が迷路のように見えるため、「韓国のマチュピチュ」と呼ばれています。
それも2009年の「マチュピチュプロジェクト」と呼ばれる村おこしによって村全体がアート作品化し、現在の姿になったようですよ。

個人的にはカラフルさゆえ、マチュピチュよりもサントリーニ島のような気がします。

行ったことないですけど。

入口


ここまでは土城駅からバスに乗って来ることができます。
アクセスは別記事で紹介しています。

【釜山(プサン)】甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)への行き方を解説

2019.01.16

日本語では「甘川洞文化村」ですが、英語で「カムチョン カルチャー ビレッジ」、
韓国語では「カムチョンドンムナマウル」と読むようです。

村全体の地図。

かなり広く、ほとんどが坂道なので運動靴などの歩きやすい靴を履いてください。ハイヒールなどもってのほか。


ツーリストインフォメーションで地図をゲット

口に入ってすぐ、右手にある「ツーリストインフォメーション」。

ここではスタンプ帳と村の地図が一緒になった「甘川洞文化村スタンプ地図」(200円)を購入することができます。
様々な言語に対応しており、もちろん日本語もあります。
村全体が迷路のようになっているため、200円をケチらずに購入することをオススメします。

ちなみに店員なんが僕の顔を見て「English?」と言い英語の地図を渡そうとされて少しいい気分になりましたw(濃いめの顔なんです…)

各所にスタンプポイントがあり、スタンプラリーをするとポストカードがもらえたりします。

いよいよ村の中へ

それでは韓国のマチュピチュとやらを体感してみましょう。
いっぱいありすぎるので説明はほぼ割愛で。
とにかく村中がアート!



路地裏を泳ぐ魚

村全体を見渡せる展望デッキ。

急勾配の坂や階段を上っていくのですが、その道中もシャレています。


展望デッキ

展望デッキに到着。

ここは眺めがいいです。

反対を見ると釜山タワーも見えたり。

オシャレなショップも建ち並びます。

「星の王子さま」のオブジェ「幼い王子と砂漠キツネ」

オブジェと一緒に座って撮影できるとあってかなりの行列ができています。

壁や屋根だけでなくマンホールや階段にまでアートが施されています。


「甘川とひとつになる」





kumari
今ではインスタ映えスポットとして有名な甘川洞文化村。
釜山は日本から一番近い国外の観光地なので僕のように日帰りで遊びに行くことも可能ですよ。
カメラを持って気軽に行ってみてはいかがでしょう?