フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【長崎〜壱岐】ANA・JALとのコードシェア!オリエンタルエアブリッジ(ORC)DHC8-200搭乗記

たーびん
とにかく飛行機に乗りまくる!

今回はオリエンタルエアブリッジ(ORC)のDHC8-200に乗って長崎空港から壱岐空港へ。
旅行支援クーポンを利用してかなーりお得に旅行してきました!

搭乗レビュー

たーびん
機材はDHC8-200。

2023年度より後継機のATR42-600が就航することにより、現行機のDHC8-200の退役が決まっています。

フライトログ

機体記号はJA803B。
中古で導入した3号機ですね。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

1つの機材でORC・ANA・JALの3社が運航

長崎空港1番搭乗口。

2022年10月30日より搭乗案内板に大きな変化が。

壱岐行きの便名は、オリエンタルエアブリッジ(ORC)OC43便と、共同運航する全日本空輸(ANA)NH4643便。

ここまではこれまでと何も変わりはありませんが、次にこちらを見てください。

オリエンタルエアブリッジ(ORC)OC43便の下には、共同運航便として日本航空(JAL)JL4043便の表示。

ANA傘下のORCがJALとのコードシェア。
ついにこんな時代が来ました。

39人乗りと小さなORCの飛行機ですが、ORC、ANA、JALの3社が運航するといったなんとも不思議な状況に。

ANA,JALとコードシェアするORCに搭乗

搭乗開始。

こちらが今回搭乗するDHC8-200。

長崎空港を拠点とし、39席乗りの小さな飛行機を3機保有している小さな航空会社ORCと、500席クラスの大型機を運航する国内最大手の航空会社ANAとJALの3社が運航する飛行機。

プロペラが4枚。

カラーコンセプトは、「空の青のスカイブルー」「島の緑のエメラルドグリーン」「海の青のマリンブルー」の3色。

それでは乗り込みましょう。

機内環境

座席は8A。
窓からメインギア(主脚)がよく見える場所。

安全のしおり。

シートポケットにはルートマップも入っています。

就航地は長崎・福岡・対馬・壱岐・五島福江・小松・宮崎。今回の壱岐路線以外は、ANAの飛行機を使用しても就航していますよね。

乗務員(パイロットとCAさん)はORCですが、機体はANA(ウイングス)なので見た目じゃわかりません。

飛行機の情報も。

座席配列は2-2。
2-2とはいえど座席の横幅はかなり狭い。

長崎県内路線!短距離フライトへテイクオフ!

ランウェイ32に向けてタキシング開始。

福岡県の方が近い長崎県壱岐島に向けてテイクオフ!

浮き上がるとすぐにギアアップ。

佐世保上空を飛行しながら北上。

長崎県松浦市と佐賀県唐津市を結ぶ鷹島肥前大橋。

奥が長崎県、手前が佐賀県。

短距離フライトの飛行時間は?

シートベルトサインが消灯していた時間は5分もあったのか?
一応サインは消灯されました。

すぐに点灯しギアダウン。
壱岐空港着陸へ。

空港そばの錦浜海水浴場。

壱岐空港ランウェイ02で着陸。

飛行時間は20分にも満たない19分となりました。

エンジン死角となってタキシング中はほとんど景色は見えず、あっという間にスポットイン。

1日2往復便の小さな壱岐空港

降機。

オープンスポットの壱岐空港。
このスポットに2機駐機することはあるのでしょうか?

壱岐島に初上陸。

 

たーびん
1日に長崎空港との2往復便しか飛んでいない壱岐空港。

39席乗りの飛行機がたった2往復なので、空路では1日最大でも78人しか運べません。

壱岐島への交通手段としては福岡(博多)とのフェリーの方が利用者が多い印象です。

 

とてもコンパクトな平屋建てのターミナルビル。
屋上は展望デッキ。

到着口はこんな感じ。

預けた荷物は手渡し。
到着してびっくり!ターミナルビルには売店はありませんでした。

最後は空港駐車場から。

たーびん
長崎空港からORCに乗ってしか行くことができない壱岐空港。

それなのにANAとJALがコードシェアするといったなんとも不思議な航空路線。

これから壱岐島の観光に繰り出しますが、島自体もなんとも不思議でやばい島でした!