シルクエアーのBoeing 737 MAX 8を日本で唯一定期就航している広島空港で撮影!

スポンサーリンク


日本に発着する定期便で唯一、B737MAX-8を運航しているシルクエアー(MI/SLK)

kumari
シルクエアーとは

シンガポールのチャンギ空港を拠点とするシンガポール航空の子会社。
大型機ばかりを所有しているシンガポール航空とは反対にA319やA320、B737といった小さめの機材を所有しています。
ですが、2020年以降シンガポール航空と統合されることが決定しているようですよ。

その就航地である広島空港でシルクエアーのB737MAX-8をばっちり撮影してきました!
前回の記事で広島空港について書きましたが、定期便で唯一就航しているB737MAX-8を撮影するために遥々来たんです。

9時の到着に間に合い無事ゲット!
撮影場所は【C】サイクリングロードです。




機体番号は9V-MBD
エンジン後方のギザギザとが上下に伸びているスプリット・シミタール・ウィングレットが特徴ですね。

次はターミナルの展望デッキに移動し、もっと近くで撮影!

スプリット・シミタール・ウィングレット

そしてこの超かっこいいエンジン!

このタービンめちゃくちゃシブくないですか??
最新鋭感が漂いまくっていますw

お見送りー。


お手振りはありませんでしたw(こっちも手を振っていませんが・・・)
あの「お手振り」って海外エアラインのパイロットはしてくれるんですかね?w

離陸!

シンガポールまでの約7時間のフライトの始まりです!

kumari
シルクエアーが運航しているこのB737は通路が1本の3−3配列のナローボディ機。
他の航空会社はシンガポール路線にA330、A350、A380、B777など通路が2本あるワイドボディ機を使用してるんですよね。
航続性能が上がり、B737で7時間も飛べるからといって、この狭い機内での長距離移動はしんどいような気もします。
とは言え、撮影をしている僕のような飛行機マニアにとっては「どこから飛んで来た」より「B737 MAX 8が飛んで来た」ということが大事なので、乗り心地など気にすることではないんですけどねw

旅先のスタンプやチケット、どうしてますか?



捨ててないのに、どこいった?

「フライトの記録+旅の記録」

飛行機ガチ勢用、旅人用、お子さま用。
デザインいろいろ
全8種類



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。