フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【羽田→新千歳】2021年12月9日完全退役「ベア・ドゥ北海道JET」AIR DO(ADO)ボーイング767-300搭乗記

AIR DOポイントを利用し実質600円で購入した特典航空券

たーびん
大量に保有するAIR DOポイントを使って、2021年12月9日に退役する「ベア・ドゥ北海道JET」に搭乗するためだけの新千歳〜羽田の往復フライト。

前回の新千歳〜羽田フライトに引き続き今回は復路編。
先ほど乗ってきたHD12便の折り返しとなるHD19便に乗って新千歳空港に向かいます。

往路のフライトレポートはこちら↓

2021年12月9日に退役する「ベア・ドゥ北海道JET」特別塗装機(JA602A)

たーびん
今回乗る飛行機は、2016年にANAからAIR DOに移籍して以来、特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」として親しまれてきましたが、2021年12月9日のフライトをもって退役します。

退役前にもう一度乗りたいという気持ちから僕だけの新千歳空港発着さよなら往復フライトを決行しました!

お別れフライト搭乗レビュー

フライトログ

機体記号はJA602A。
この飛行機に乗るのはこれで最後。
お別れフライトとなります。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

いつもと変わらない50番台スポットからの出発

搭乗口55番。

第2ターミナル北側フィンガーの先にあるこの54,55,56番搭乗口がエア・ドゥのボーイング767-300のお決まりのPBBスポットです。

さっき新千歳から乗ってきたこの「ベア・ドゥ北海道JET」にもう一度乗って新千歳に折り返します。

たーびん
ステータス修行でもないのにこんなことしてる僧はなかなかいないでしょう。

搭乗機はもうお馴染みのボーイング767-300「ベア・ドゥ北海道JET」。

後ろにはAIR DOの小さい方の機体、ボーイング737-700の姿。

搭乗開始。
コックピットの窓に付けられているのはベア・ドゥが描かれたシェード。

羽田空港の管制塔と。

L1ボーディングドア横にもベア・ドゥ。

澄んだ景色を堪能できる前方座席

今回指定したのは前方座席7G。

前方座席は混雑することが多いため、普段あまり好みはしませんが、空いていたので指定してみました。
エンジンより前に位置するため排気の影響を受けず窓からの景色が後方座席より澄んで見えるのが特徴です。

羽田空港ではほぼ定位置だった54,55,56番スポットを見ながらタキシング。

エンジン問題でずっと飛べないままのANAのボーイング777-200とJALのボーイング777-300。

C滑走路R/W34Rでの離陸のようです。

その前にエア・ドゥのボーイング737-700が着陸。

10時25分離陸。

ディズニーリゾートを見ながら巡航高度41000フィートまで上昇していきます。

最後に感じるJA602Aの機内

オニオンスープ。
ベア・ドゥの紙コップでいただきます。

古い仕様の機内。
もう見られなくなるんですね。

遠くに三沢空港。

記念に安全のしおりも撮っておきましょう。
この古い非ERの767-300は退役しますが、767-300ERはまだまだ残るので安全のしおりは変わらないはずですけどね。

雪解けの新千歳空港に着陸

本州を抜けると降下開始。
まもなく新千歳空港に着陸です。

新千歳空港R/W01Rに着陸。

朝積もっていた雪は溶け、ほとんど残っていません。

5番スポットに到着。

降機時にひたすら撮影

最後にPBBから撮影。
いずれ貴重な写真になるでしょう。

ベア・ドゥのシェードとノーズギア部分に書かれた602。

しつこいくらい最後に撮ってますw

バイバイ!

展望デッキでお見送り

降機後は展望デッキで再び羽田空港に向けて出発する姿を撮影。

たーびん
これにて最後の「ベア・ドゥ北海道JET」の搭乗が終了。

エア・ドゥの特別塗装機として就航してから約5年。
3回搭乗することができました。

2021年12月1日に新たに就航した「ロコンジェット」に特別塗装機としてのバトンを渡し、12月9日に退役となります。

夢をありがとう、ベア・ドゥ北海道JET!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。