JALのふるさと納税がスタート!そもそもふるさと納税とは

マイルが貯まるふるさと納税

kumari
ついにJALとANAからマイルが貯まるふるさと納税が開始されました!

ふるさと納税って結局どうよ?って人も多いと思うので簡単にご説明していきます!


ふるさと納税とは

ふるさと納税とはざっくり言うと、本来納める税金を好きな地域に寄付をする形で納めるということ。
その返礼品が実質2,000円で手に入る、ということになります。

マキ美
この実質2千円についてですが、複数の自治体に寄付しても、トータルで実質2,000円ということになります。
1自治体ごとに2千円ではないので、非常にお得です。

 

納税なので、そもそも納税する必要がない主婦や給与所得が103万円以下の人はできません

また、以前は確定申告しなければいけなかったのですが今では「ワンストップ特例制度」というものができたので面倒な手続きはしなくてもよくなり、だいぶハードルが下がりました。

ワンストップ特例制度を使用するには、納税先の自治体を5つまでにおさめないといけないのでご注意!
kumari
たとえば、3万円をなんの見返りもなく納税するか、3万2千円でカニなどの返礼品をもらいつつ納税するか、ということです。

 

JAL、ANAのふるさと納税

もちろんマイルが貯まります!
JALはオープンしたばかりのサイトなのでキャンペーン中です。

JAL(日本航空)

JALふるさと納税では寄付額100円につき、JMB(JALマイレージバンク)1マイルを付与。
さらにJALカードでの決済なら、200円につきショッピングマイル1マイルを付与されます。

マイルが2倍貯まる「ショッピングマイル・プレミアム」に加入している場合は100円につき1マイル付与となります。
※余談ですがこのショッピングマイルプレミアムは年額3,300円でJALマイルが2倍貯まるので、旅好きの方は入っておいたほうがいいです。

開設を記念して12月31日までの期間、2万円以上寄附した人のなかから抽選で景品をプレゼントする「寄附して当てよう!JALふるさと納税」キャンペーンを実施されているので、今がチャンス!
景品はカタログギフト、航空券です。

ANA(全日本空輸)

ANAふるさと納税でもJALと同様、寄付額100円につき1マイルが付与されます。
ANAカードを使えばマイル付与は最大2.5%となります。

選べる返礼品は多くはありませんが、旅するように見ることができるサイトになっています。

個人的にこの波佐見焼の器がめちゃくちゃ好きです。こんな返礼品は他にはなかなかありませんね。

どちらも「マイルが貯まる!」をうたい文句にしていますが、そもそもカードを持っていない!という方はモッピー経由でカードを作りましょう。
カードを作るだけでかなりのポイント(マイル)が貯まります。

【2021年1月ポイ活激熱案件速報】一撃2万pt案件情報あり!入会キャンペーンでポイントがもらえる「モッピー」でマイルを貯めまくろう!

 

で、ここまでJALとANAのふるさと納税を説明しておいてなんですが、特にJALとANAのふるさと納税がおすすめ!ということはありません。

航空会社なので旅好きが見て楽しいサイトにはなっていますが、他のふるさと納税サイトを使用しても全然いいです。

kumari
JALカード、ANAカードで決済すれば結局マイルは貯まりますしね。

じゃあ結局どのサイトがおすすめなんだよ…ってかんじですが、どれでもいいです。

自分の応援したい自治体が入っているか、欲しい返礼品はあるか、を確認してみて下さい。
サイトごとに参加している自治体が違いますので。

しいて言えば控除額シミュレーターは「さとふる」と「ふるなび」が使いやすいので、この2つを使っておけばOKかなっとも思います。
控除額シミュレーターは収入と家族構成を入力すればいくら納税すればいいかがすぐに分かります。

ちなみに僕が使っているふるさと納税サイトは「さとふる」です。
九州の豪雨災害の時にいち早く返礼品なしの寄付ページを作っていたので、ここでさせていただきました。
マイページで今何円分の寄付をしているのかも一目で分かること、参加自治体が多いこと、なにより使いやすくて。

ふるさと納税サイト「さとふる」で令和2年7月豪雨災害緊急支援寄付ができる!

kumari
ふるさと納税は12月末までが今年分ですので、今から!という方はお急ぎくださいね!
格安旅行のススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。