【関西→フランクフルト→ベニス】ツアーでまさかの乗り継ぎ不可能に…ルフトハンザドイツ航空(DLH)B747-400搭乗記

マキ美
関空からルフトハンザドイツ航空に乗ってフランクフルトで乗り継ぎ、イタリアに行ってきました!

乗り継ぎではまさかの事態に…

関西空港搭乗口での撮影

まずは関西空港搭乗口での撮影!

アシアナ航空のスタアラ塗装B767-300。
IMG_7798-001

タイ国際航空のA380!
IMG_7800-001


ジャンボに搭乗

今回乗るのはこちら。
(なんで日本語じゃない表示かと言うと、嫁撮影だからww)
IMG_7805-001

今回はルフトハンザドイツ航空のジャンボ!B747-400に乗ります。
IMG_7796-001

フランクフルト経由のためか??ほぼ満席での出発です。

R/W06Rへ。
IMG_7816-001

大きな機材は揺れが少なくて快適です。
IMG_7827-001

機内食の前に軽食でシャケおにぎりが配られましたw

機内食はプルコギ?にしました。
もうひとつはチキンピカタでしたよ。
IMG_7829-0011

映画を見て寝ているうちに、あっという間にドイツ上空…
IMG_7845-001

フランクフルト空港に着陸!
IMG_7850-001

オシャレな管制塔が見えます。
IMG_7857-001

この空港は「ザ・ルフトハンザ空港」って感じでした。
IMG_7860-001

フランクフルト空港での飛行機

フランクフルト国際空港に着陸し、タキシング中に様々な飛行機が見れました。

まずは、こちら!
IMG_7874-001
遠くて見えにくいかもしれませんが、これは今となっては珍しいB737-300です。
新しい大型機を導入しまくっているルフトハンザでも、まだこんな機材があるんですね。

次はこちら。
IMG_7944-001
ルフトハンザのA319です。
後ろに見えているのは南アフリカ航空のA340-600。

次は今や珍しくなったMD-11。
IMG_7883-001

ユナイテッド航空のジャンボも。
IMG_7878-001

次はドイツの航空会社「コンドル」のB767-300。
IMG_7887-001

こちらはコンドルのスペマですね。
IMG_7892-001

フランクフルト国際空港はルフトハンザドイツ航空がいっぱい。
しかも大型機もいっぱいです!

大型機専用(?)のスポットへ。
まずはB747-8のおしりから。
IMG_7903-001

続いてA380。
IMG_7912-001

これまたB747-8!
これはもしや・・・。
IMG_7916-001

大型機の尾翼がいっぱいで壮観です。
IMG_7918-001
手前からB747-8、A380、A380、B747-8、B747-400。
大きな機材ばっかりなのであんまり大きさがわかりませんねww
(後ろに見える管制塔の形が気になりますが・・・)

先ほどのB747-8は「Fanhansa」塗装機でした。
IMG_7929-001

フライトログブックを書いていただきました。
Evernote Camera Roll 20150724 103900

長時間のフライトだったので、外国人CAさんが頑張ってくれました!
これと、赤ちゃん用のおもちゃもいただきました。
ありがとうございました!!

ハプニング勃発

マキ美
さて、今回は還暦の母と私の2人旅ということで珍しく某大手旅行会社のツアーに参加していたのですが、降りたらすぐに集合とのことで、バタバタ。

ここからベニス行きの飛行機に乗り継ぐのですが、なんと乗り継ぎ時間が1時間少々しかありません。

でもここは大きな空港な上、先ほどの搭乗便も満席でした。
案の定、税関でものすごく並ばされ…
添乗員さんが時間がないから先にしてくれ、と訴えるも空しく却下され…

なんと乗り継ぎの飛行機に乗れないというハプニングが勃発。
ツアーなのに、この無茶なスケジュールに怒り心頭。
オシャレなターミナルの天井を見上げながらボンヤリしてしまうのでした。

IMG_7937-001

乗り継ぎはいかに・・・

さて、走りに走っても、どれだけゴネても乗り継げなかったフランクフルト→ベニス線。

この時、ドイツの税関職員がすごく感じが悪くて…(一人や二人じゃないです)
英語すらしゃべってくれず、ジェスチャーで不愛想に命令されるかんじ。
ツアーの日本人だからってヒドイ…

長時間のフライト後に走らされ、しかも乗れず、なんで大手のツアーでこんな目に…とキレそうだったのですが、このツアーの参加者は私たち親子以外全員が新婚旅行のカップルさん(13組も!)。
新妻やダーリンに広い心を見せようと誰も怒らず、素直に添乗員さんに従っているのがなんか変な感じでした。笑

とにかく、添乗員さんが3時間後のチケットを取り直してくれたので一安心。

その間に広い空港を探検したり、売店でパンなどを買って食べました。
ドイツなのでホットドッグ屋さんやパン屋さんが多かったな~。
暗くて外の飛行機はほとんど見えませんでしたが…

遅延で結局4時間後ぐらいに搭乗。
ログブックを記入する気力もなく、離陸の瞬間から夢の中

1時間ほどのフライトで水の都ベニスに到着。
本当は夕方に着いてイタリアで晩御飯の予定でしたが夜22:30頃にようやく到着。
そこからバスで船着き場へ行き、さらに船で10分揺られベニス本島へ。
ホテルに着いた頃にはもう何も考えられず、すぐに寝ました。

疲れすぎてこの時撮った写真はこれだけ…
BlogPaint

マキ美
最後は少々暗い話になりましたが、珍しい経験となりました。

このように大手旅行会社のツアーでも乗り継ぎができない!なんてこともあるのでご参考になれば幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。