フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【国内エアライン図鑑/エアアジア・ジャパン 】飛行機保有機材一覧!登録退役情報まとめ

たーびん
日本のLCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパン (Airasia Japan)が運航している飛行機リストです。
最後にちょっとした豆知識も載せていますのでぜひ最後までご覧ください。

エアアジアジャパン  基本情報

会社名エアアジア・ジャパン株式会社
本社愛知県
親会社エアアジア
IATA/ICAODJ/WAJ
コールサインWING ASIA
運航開始2017年10月
拠点空港中部(NGO)
就航地(国内)新千歳(CTS)
仙台(SDJ)
中部(NGO)
就航地(国際)桃園(TPE)
使用機材A320-200
保有機数3機(全機売却済み)
座席数180席/186席
シートピッチ約29インチ
(約74cm)

保有機材リスト

現在エアバスA320-200を3機保有していました。

機体記号機種
JA01DJエアバスA320-200
JA02DJエアバスA320-200
JA03DJエアバスA320-200

ちょっとした豆知識

2度設立されたエアアジア・ジャパン 

親会社であるマレーシアのエアアジア(AXM)は、全日本空輸(ANA)と提携し、2011年にエアアジア・ジャパンを設立し、2012年8月に就航しました。
ですが、2013年に提携解消し、当時のエアアジア・ジャパンはバニラ・エアへと社名変更して運航を継続することに。
(※2019年にはPeach Aviationに吸収され運航を停止しています。)

現在のエアアジア・ジャパンは2014年にエアアジアと楽天により設立された航空会社となります。

旧エアアジア・ジャパンのA320(JA02AJ) 

日本事業からの撤退

新型コロナウィルスの終息時期の見通しが不透明な状況において事業を継続することは極めて困難であると判断し、2020年12月5日に全路線を廃止し、事業を廃止することが発表されました。

これによりエアアジア・ジャパンは再び日本から姿を消すことになります。

搭乗記

新千歳(CTS)→中部(NGO)と仙台(SDJ)→中部(NGO)で利用しました。

おすすめ記事

たーびん
3レターコードやMCC、国内エアラインを独自にまとめました。
飛行機にあまり詳しくない人にもわかりやすくしていますので、ぜひご覧ください。

飛行機雑学記事はこちら