【ファーイースタン航空(遠東航空)】経営難で全便運航停止を発表!唯一定期路線を運航していた新潟空港の状況は?!



ファーイースタン航空が全便運航停止を発表

台湾の航空会社、ファーイースタン航空(FE/FEA)が2019年12月12日、資金繰りの悪化を理由に、翌13日より全便を運航停止することを発表しました。


ファーイースタン航空とは

 

中国表記:遠東航空
英語:Far Eastern Air Transport
通称:FAT
kumari
台湾の航空会社で、今は日本の航空会社では所有していないマクドネル・ダグラスMD-82やMD-83などの古く珍しくなった機材を運航しているため、一部の航空ファンから人気があります。
僕もそのファンの一人。

日本への就航路線

運航停止が発表される前の2019年12月現在、日本の定期路線は台北(桃園)-新潟線のみ
定期チャーターとして、台北(桃園)-秋田線と台北(桃園)-福島線を運航していました。

実際に撮影したFATの写真

2017年2月に高知と台北(桃園)の国際チャーターが運航された際に高知空港で撮影していました。

【四国】高知空港飛行機撮影スポット

2017年8月6日

機材はMD-82(B-28035)

 

小さい機材(全長約45m、座席数約170席)ながらもとても音がうるさかったのが印象的に残っています。

2019年12月13日の新潟空港

運航停止となった2019年12月13日、日本で唯一定期路線のある新潟空港の様子をお伝えします。
実際に運航停止初日の2019年12月13日に新潟空港を訪れました。


欠航となっているため、保安検査が開始される12時になっても国際線チェックインカウンターには誰もいません。

国際線出発案内板にはFATの表記。

1階国際線チェックインカウンターには「欠航」や「全便運航停止」などの案内は何もなく、普段と何も変わらない状況でした。

2階PRルームにはFATのモデルプレーン。
国際線出発情報モニターには「欠航」の表示。
ここで初めて欠航の表示を見ました。

国際線到着ロビー。

ここにも欠航の表示を発見。

kumari
新潟空港において「欠航」の表記は見受けられましたが、12月12日に会社が発表した「全便運航停止」などの表記や利用者への案内はどこにも見当たりませんでした。

12月13日のFAT張綱維会長の記者会見で、資金繰りのめどがついたため、運航停止を撤回し運航を再開させたい考えを表明しているので、再開されるかもしれませんね。
早く運航が再開されることを願っています。
僕も1月頃にFATに乗りに行こうかと考えていましたが、今回は無理そうですね。
再開されたらすぐにでも乗りに行こうと思います。

【中部・北陸】新潟空港飛行機撮影スポット

2019年12月21日

【タイ・バンコク】飛行機の墓場「Airplane Graveyard」に行ってきた(前編)<br>アクセス・所要時間・交通費は?機体を外部から撮影編

2019年9月1日

【タイ・バンコク】飛行機の墓場「Airplane Graveyard」に行ってきた(後編)<br>衝撃の真相!この機体は元○○○機だった!機体内部に潜入編

2019年9月2日

【ジェットスター・ジャパン(JJP)関西(KIX)ー下地島(SHI)線】<br>就航3日目で欠航が発生!その欠航理由を徹底考察してみた

2019年7月15日