フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【青森県立三沢航空科学館】子連れで学んで遊べる体験施設!実機展示もたくさんあり

本州最北端の青森県三沢市で発見!親も子供も遊んで学べる施設

たーびん
三沢飛行場に隣接する「青森県立航空科学館」に行ってきました!

親も子供もたくさん遊び、学べる施設。

実機展示もあり、大興奮間違いなし!たくさんの写真とともにレポートします!

 

三沢空港からの無料連絡バスあり

三沢空港ターミナルビル横のバス乗り場。

土日祝日限定で無料の「MISAWAぐるっとバス」が運行されています。

1日4便と少ないですが、今回の目的地の航空科学館だけでなく、三沢駅までも行けちゃいます。

MISAW AVIATION & SCIENCE MUSEUM , AOMORI

少し遅れてバスが到着。
マイクロバスに乗ってたった6分ほどで航空科学館にやってきました。

なんかものすごい門構えなんですけど。

「MISAWA AVIATION & SCIENCE MUSEUM , AOMORI」
なんだか横文字でかっこいい入口から中に入っていきましょう。

エントランスホール。

入館料510円・入館者300人超えの施設

2003年開館。
入館者累計300万人超え。

展示室マップ。

入館料は510円。
中学生以下は無料と家族に優しい料金設定。

実機展示がすごい!「航空ゾーン」

入館するとまず見えてくるのが航空ゾーン。

ミス・ビードル号など青森県にかかわりのある航空機や航空の歴史をたどりながら先人の歩みに思いをめぐらせます。

早速飛行機が展示されています。

こちらは初の太平洋無着陸横断飛行を成し遂げた「ミス・ビードル号」のレプリカ。

奥に進むと吹き抜けの高い天井。
格納庫のような雰囲気の飛行機展示スペース。

元、日本エアコミューター(JAC)のYS-11。

このときは入ることはできませんでしたが、機体内外とも現役時代そのままのようです。

どの角度から見てもかっちょいい。

実験などで使われたという航研機。

体験施設がたくさん!「科学ゾーン」

空を飛ぶしくみや航空に関わる技術など身近な科学にひめられた原理や法則に迫ります。体験型展示を通じて楽しみながら学びます。

「FLY UP IN THE SKY」

空が飛べるアクティビティ!

このように吊るされた状態で空を飛べる!
めっちゃやってみたかったけどできず…

だって100分待ちですから。
こりゃ無理だ。

無重力を体感できるやつ。

他にも様々な体験施設があり、子供だけでなく大人も一緒に遊べる。

飛行機の客室とコックピット

飛行機の機首部分を発見。

後方には座席も置かれています。

飛行機の機首部分にあるコックピット。

中に入り、座ることもできます。  

写真も撮り放題。

宇宙空間を実体験!「宇宙ゾーン」

宇宙探査や地球観測など宇宙へ挑み続ける人々の思いを感じながら、宇宙がより身近になる未来を創造します。

宇宙空間を体感することができる「宇宙ゾーン」

宇宙服と惑星探査ルナクルーザー。

「C-02 ZEROグラビティ360 Zero Gravity 360」
宇宙空間の無重力状態を実体感できる360度回転装置。

「宇宙探査ミッション Space Exploration Mission」
上下左右にジャンプして宇宙探査を疑似体験。

はやぶさ。

宇宙ゾーンから見た展示機。

航空ショーで世界初公開した実験機!Honda Jet 展示エリア

実機展示は古い飛行機だけじゃない!

最新の小型ビジネスジェット「ホンダジェット」も展示されています。

ホンダジェット

尖った顔。

いい感じの写真が撮れるように展示されていますね。

何枚も撮っちゃうほどのかっこよさ。

航空グッズのお店もある!ミュージアムショップ

エントランスホールに航空グッズショップもあります。

ここは入場料がかからないエリア。

自衛隊の基地があるのでやっぱりミリタリー系が多い印象。

三沢基地カレーなんかもあるようです。

屋外には航空機展示や子供が遊べる遊具!三沢市大空ひろば

航空科学館横の屋外にもたくさんの航空機が展示されています。

戦闘機など自衛隊機ばかり。F-16A。

アメリカ海軍が使用していたUP-3A。

機内見学もあるようですが、2022年現在コロナにより閉鎖されています。

子供が走り回れる大きな広場もあります。

こども広場、スカイウォーク。

ドッグランもあるようです。

空港や基地が見渡せる撮影禁止の展望デッキ

エレベーターで上がると三沢飛行場を見渡せる展望デッキもあります。

大空ひろばの向こうに滑走路。

大空ひろば。

せっかくの飛行場を見渡せる展望デッキですが、三沢基地施設の撮影は禁止。

撮影できないようこのようにすりガラスになっています。

見晴らしのいい展望デッキで写真を撮りたくなっちゃうのに撮影禁止。
むずむずしちゃいますね…。

 

たーびん
旅客定期便は1日に5,6便しか飛んでいない三沢空港ですが、こんなにすごい施設があったとは…!

僕一人で楽しむんじゃなく、子供もいつか連れていきたい施設でした!