フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【見学体験レポート】種子島観光には外せない!JAXA宇宙センター 宇宙科学技術館

たーびん
見学料が無料なのに大満足できる施設「JAXA種子島宇宙センター 宇宙科学技術館」をご紹介します!

日本で一番宇宙に近い島?

鹿児島の離島にありながら日本で一番宇宙に近い島。
種子島と言えば“宇宙”を想像する人は多いのではないでしょうか?

鹿児島県の離島、種子島はJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の種子島宇宙センターなど宇宙関連施設が多く建てられ、日本における宇宙開発の一翼を担っています。

種子島宇宙センター(Tanegashima Space Center/TNSC)

JAXAの施設「種子島宇宙センター」は、総面積970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場。

島の東南端の海岸線に面しており、世界一美しいロケット発射場といわれているようです。

主要施設として、「大型ロケット発射場」「第2衛生組立棟」「総合指令棟」「大型ロケット組立棟」などがあります。

また、宇宙科学技術館の施設見学も行っており、見学はなんと無料

たーびん
今回はこの宇宙科学技術館を見学してきたので、その内部をたくさんの写真を中心にご紹介したいと思います!

宇宙科学技術館

駐車場に車を止めて見学施設「宇宙科学技術館」に向かいます。

入口前にある大きなロケットが目印です。

見学時間になってからではないと、施設に入ることができないので、早く着いてしまった場合は広大な施設内をドライブするか、車で待機しておきましょう。

受付を済ませ、渡されたバンドを腕に付けて入場。

ロビー。

社員でなくても入って食べられる社員食堂「宙飯屋(ちゅうはんや)」のポスターも貼ってありました。
入ってはいませんが、この日も一般開放されていました。

ロビーにあるロケット。

それでは施設内部へ入っていきます。

施設中央のスクリーンに映し出されるロケット発射映像。
とても大きくて迫力があります。

2階への階段から見たスクリーン。
映像がどれほど大きいかおわかりでしょう。

キッズスペースは閉鎖中でした。

アニメ宇宙兄弟のパネル。
この映画はかなり感動しましたね。

日本の歴代宇宙飛行士の方々の手形や写真。

打上げ音響体験シアターなんてところもあります。

ここではロケット発射映像が大音量で放映されています。

ミュージアムショップ

宇宙について何も知識のない僕が一番楽しかったのがこのお土産屋さん。

実際に国際宇宙ステーションに輸送され、宇宙飛行士に供給されている宇宙日本食も販売されています。

  • スペースフード
    「エビグラタン」「たこ焼き」「プリン」
  • スペースアイスクリーム
    「バニラ・いちご」
  • スペーススイーツ
    「レアチーズケーキ」「チョコレートケーキ」「ストロベリーショートケーキ」「ミルクレープ」

この他にもスペースようかんやスペースライスケーキとして「おもち」、宇宙おにぎりなんてのもありました。

たーびん
僕は子供へのプレゼントで「宇宙グミキャンディー」と「スペースアイスクリーム」を購入。
子供は大喜びでした。

宇宙服なんかも購入できます。

広大な施設

施設マップ。

種子島の南東部分はすべて宇宙センター施設と言えるほどの広大な敷地。

敷地内をドライブができるほどです。

たーびん
これだけの施設なのに見学料は無料!すごすぎです。

見学は無料ですが、事前予約制なのでご注意くださいね。
ちなみに僕は電話がずっと話し中で繋がらなかったので、予約せずに行きましたが、入ることができました。

皆さんもぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。