おひょうって何?釧路和商市場の勝手丼で好きな魚をどんどんのっけていただきます!

北海道と言えば海鮮丼

kumari
飛行機に乗ってばっかりの僕ですが、たまには現地で観光やグルメも楽しんでいます。

釧路では自分好みの海鮮丼を作る「勝手丼」を和商市場で堪能してきたのでレポートします!

 


釧路和商市場とは

北海道釧路市にある公設市場で、釧路では最も歴史のある市場。
鮮魚店など100店舗近くのお店が入っていますが、ご飯に好きな魚介類を載せて自分好みの海鮮丼を作っていく勝手丼が有名です。

ところ狭しと商店が並んでいます。

勝手丼を食べてきた

北海道といえば海鮮!

釧路といえば和商市場!

和商市場といえば勝手丼!

kumari
ということで勝手丼を食べてきました。
一人で行くと少し心細かったり、買い方がわからず困ってしまうなんてこともありますが、僕が男一人で行って実際に食べてきたので、レポートしたいと思います!

勝手丼の選び方

勝手どんぶりは4ステップでいただけます!

1.お惣菜屋さんで白ごはんを購入

まずは市場内のお惣菜屋さんで白ごはんを購入し、丼に盛ってもらいます。

ご飯の量も各種(100円〜400円)取り揃えてあるので、少食の人も大食いの人も安心です。
酢飯を置いている店もありました。

僕はこの大内商店で購入しました!

ご飯を購入できるお店は4店舗あります。

  • 大内商店
  • 露風庵・邦紀
  • 岩崎惣菜食品
  • ポラリス

2.海鮮屋さんで自分好みの材料を探す

次に自分好みの海鮮を探します。

海鮮ネタを購入できるお店は7店舗。

  • ㈱さとむら
  • ㈲マルイチ佐藤商店
  • ㈱カネシマ嶋田商店
  • ㈲橋本商店
  • ㈲矢部商店
  • ㈲かねしめ瀬野商店

1店舗で購入でもいいですし、複数店舗でちょっとずつ購入もできるようです。

僕はさとむらで購入することに。

おいしそうな海鮮がこのように置かれています。

どれもおいしそう・・・

3.お気に入りの具を丼に乗せてもらい購入

全て産地と値段が書かれているので安心です。

うーん、これが高いのか安いのか分からない…!

優柔不断だとなかなか決まらないし、好きなもの好きなだけ選んでしまうと超高くなってしまうので気をつけてくださいね。

お店の人が300〜400円のちょっと高めのものを勧めてきたり、800円の生ウニを「600円でいいよ」などと言ってきたりしますが、その誘惑にはぐっと我慢。

7種類の食材を選びました。

  • くじら 200円
  • ほっけ 100円
  • あぶらかれい 50円
  • さんま 200円
  • おひょう 200円
  • 炙りサーモン 100円
  • ときしらず 200円
  • ほっき貝 250円

くじら、ほっけ、おひょう、ときしらずは特に珍しいですよね。
おひょうはカレイ科の魚、ときしらずは春から夏にかけて獲れる貴重な鮭だそうです。

4.おいしくいただく!

おいしそうでしょ?

一番上のタマゴはサービスでした。
1400円ほどでこんな海鮮丼を食べることができて大満足!

アクセス

日曜はお休みです。平日、土曜日の8時~17時まで営業されていますが、最新情報は公式サイトをご覧ください。

〒085-0018 北海道釧路市黒金町13丁目25

釧路空港より車で約45分
JR釧路駅より車で約2分 徒歩で約5分

地下駐車場は2時間無料です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー