YouTubeにて「空港ではたらく車」配信中!

湯巡追荘(ゆめおいそう)の部屋風呂付客室に泊まってきた。気になるコロナ対策は?

6月限定の湯籠りプランで宿泊

旅好きの我が家ですが、緊急事態宣言が明けても県外への旅行はさすがに自粛。

なのですが、一度家族風呂で訪れたことのある阿蘇の「湯巡追荘(ゆめおいそう)」が6月限定で気になるプランを発表。

宿泊客を40%に抑えて」「ビュッフェを控えて」「1グループに1つの家族風呂を提供」という湯籠りプランだったので、県内なら…、思い切って行ってきました!

発表されたのは5月下旬だったので、どの日もガラガラ。
行きたい日にすんなり予約できました。

日帰り家族風呂レポートは別記事にてどうぞ。

家族風呂ゆめおいそう

【阿蘇】湯巡追荘(ゆめおいそう)の「天望の湯」は眺望よすぎ!脱衣所兼休憩所が広めで赤ちゃん連れにも安心


いざ、湯巡追荘(ゆめおいそう)へ

阿蘇の方は家族風呂によく行きますが、今回はプチ旅行。
いつもは立ち寄らないスポットに寄ったりして楽しみながら、のんびり到着しました。

梅雨直前の青空が広がり、阿蘇山がよく見えます!

駐車場はやはりガラガラ。
到着したらすぐにスタッフの方が駆けつけてくれました。

レンタルバイクがずらり。宿泊者は無料で借りられるそうです。

家族湯。6月は部屋にお風呂のないグループに1風呂を貸切提供されるとのこと。

休止中の大浴場。

本館は駐車場からすぐです。

想像以上にガラガラの館内

いつもは宿泊客や日帰り温泉の人で賑わう館内ですが、私たちしかいません。

館内には消毒液が置いてあり、入り口にはマスクもありました。

キッズスペースも閉鎖。ちなみに夜のお祭りもナシ。

受付で赤ちゃん連れに嬉しいサービスを提供されています。
ベビーソープやベビーバスなど、かさばるものが借りられるのは嬉しいですね!

大人はもちろん、子ども用の浴衣も借りれます。
ベビーサイズからあるので、うちの0歳と4歳にも借りました。
意外とサイズと種類がないのでご注意。

ビュッフェ会場の前に提供中の食事の写真が!
6月は大トロの握り、すき焼き、焼肉が目玉でした。

売店の様子。
本当に人がいないのが分かりますね…。

D棟の露天風呂付客室に泊まりました

ゆめおいそうは本館から少しずつ増築されてるようで、まだ新しめのD棟は露天風呂付の客室があります。
うちはベビー連れなのでD棟の露天風呂付モダン和室というやつにしました。

広い特別室も1000円しか変わらないのでそちらにしたかったのですが、本館4階で階段を使うらしく…ベビーカーやスーツケースのことを考えてやめておきました。

部屋の前には浮き輪が。
日帰りで家族湯に来た時と同じ様子です。

部屋に入ると消毒液が。

入ってみて「せまっ!」と感じてしまったお部屋^^;
やっぱり公式サイトの写真はうまく撮れてる…と感心してしまいます。

真ん中のテーブルを端っこに寄せたり、ラックを部屋の外に出したりするとなんとか赤ちゃんがいても大丈夫なかんじになりました。

ベッドはローベッドになっています。

子ども用のお菓子があったのが嬉しかったです!

冷蔵庫にはお水、ビール、アップルジュースが2本ずつありました。

アップルジュースは子供に一瞬で取られたので映っていません…。

冷蔵庫の扉がちょうど赤ちゃんの興味をひいてしまうため、要注意!
コロンコロンの次男ががんばって一人で勝手に開けていました。

アメニティはこちら。
大人用と子ども用が用意されており、バスタオルも十分に用意されていました。

 

とにかく開放感のある、お部屋の露天風呂

お楽しみの露天風呂はこちら!

阿蘇山がよく見える、広いお風呂に子どもが大はしゃぎ!
浮き輪でずっとぷかぷか浮いていました。
もちろん温泉なので本当に気持ちいい~!!

でも、あんまりにも開放感がありすぎて、外から見えるんじゃ…?とドキドキしました。笑

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが置いてあります。

かけ流しなのでずーっとお湯が流れています。

ビュッフェは休止かと思いきや…

15時にチェックインしましたが、お風呂に入ったりお散歩していたらあっという間に夕ご飯。
席に着いたらひとまずお肉などが置いてあります。

お子様メニューはこちらですが、子どもが全く食べず…泣、大トロばっかり食べていました。
お肉のおにぎらずやポテトなど、おいしそうなんですけどね…。

これ以外にも、ビュッフェが少しだけありました。
やはり宿泊客は少ないようです。誰もいませんね。
会場入り口に消毒液と手袋があります。

お肉、野菜、フルーツ、ソフトクリーム、ご飯、お酒などなど…。
通常時を知らないのですが、フロアの半分ぐらいで納めていたように思います。
赤ちゃんの離乳食もお粥やうどんなどでいただけます。

とにかくお客さんが少ないので(私たち以外に2組ぐらいしか見なかった)、何をするにもスムーズです。

ベビーラックも貸し出してくれました。

残念だったのが、5月は営業しておらず6月に気合を入れて営業再開だったと思うのですが
ベビーラックやお部屋の手入れができていなかったこと。

お客さんのいない間に、ベビーラックをしっかり拭く、部屋の壁が剥がれていたら糊で貼っておくぐらいはできたはず。

特にこういう状況なので、ベビーラックが不衛生なのは気になりました。食べかすや汚れがそのままだったので…。
繁忙期なら仕方ないかなとも思いますが、こんな時だからこそ、手抜きしないでほしいです。

マキ美
後日このブログを見た湯巡追荘さんから、改善する旨メッセージをいただきました。ありがとうございます。

朝食は完全ビュッフェ

晩御飯は半ビュッフェでしたが、朝食は完全にビュッフェスタイルでした。

いつもなら並ぶであろうオムレツもスムーズでした。
ふわふわで美味しかったです!

全体的にやはり種類は少ないものの、楽しめました。

感想

熊本ではCMや広告などでよく目にする湯巡追荘。

一度家族風呂で行ってみて、賑わっていたので泊まってみたいと思っていたのでいい機会でした。

フロントの方々はとても親切で安心できます。
館内は古さがあるものの、清潔。

お部屋は公式の写真とえらい違うな!と思いましたがお風呂は最高でした。
残念なのは壁が剥がれていたりしました。

カラオケの部屋も借りましたが、ボリュームがえらいことになっていました。
退室後はちゃんとアルコール消毒して、音量もデフォルトにしておいてほしいです。
借りた後に清掃とかしてないのかと思ってしまいます。

食事はそこまで美味しくはないというのが正直な感想ですが、ワイワイ好きなものを気兼ねなくいただけるのは楽しいです。
ただし、子どもが飲み物をこぼして着替えを取りに走ったり、アレ食べたいこれ食べたい取ってきて、ままー!赤ちゃん泣いてるー!といったかんじで疲れてしまいました…。
(ちなみにパパは肉を焼いてくれているのでママが走るしかないといった状況)

ビュッフェだと子どもの好きなものだけあげられるのでラクなのですが、その分大変です。
普通のお料理どちらがいいかというと難しいですね…。
じじばばが一緒だと大丈夫なのかな。

清掃などの面で期待より下になってしまいましたが、子どもが部屋風呂を異常に気に入っていたのでヨシです!
一泊でしたが、ほとんどお風呂で過ごしていたような気がしますw
帰ってからもしばらく「ゆめおいそう行きたいー」とおねだりしてきています。

3世代で楽しめるホテルとあっていつも混んでいますが、こんな時期だからこそ県内で宿泊してみるのもいいのではないでしょうか。