フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

バリのリゾート気分になれる家族湯「古保山リゾート」

入り口からインドネシア感が漂う

マキ美

今回はちょっと変わった家族風呂へ行ってきました。
熊本で大人気で、前回は満室で入れなかったほどです。

山奥の小道を入るとそこは別世界…。
入り口付近からお香の香りがただよい、バロン(石像)がお出迎えしてくれます。

ここは宇城にある古保山リゾート。

家族湯だけでなく大浴場やエステ、レストランもありリゾート感満点。

大浴場は550円とリーズナブルなお値段です。

レストランの名前は「ガネーシャ」。インドネシアじゃなくてインドやないかい!
と突っ込みたくなりますが、メニューはちゃんぽんや焼肉ピラフ、ピザ。
インドネシア→インド→日本とイタリアに着地してます。

さて、家族風呂は受付に空いている部屋を聞いてから券売機で購入するシステムです。

特別室だけは予約可能ですが、空いていれば飛び込みでも可能だとか。

今回は2,100円の半露天のお部屋しか空いていませんでしたので、そちらに決定です。

半露天という名の内湯「アマンプロ」

券売機で券を買って入場。
道案内もアジアンです。

家族風呂への道もなんだか海外っぽくて楽しい。

道案内の看板を見ると「アマンプリ」「アマンプロ」「アマンジオ」「アマンワナ」と、アマンの五段活用かな?と思うような名前の付け方をされています。風呂に入る前に突っ込み疲れしてしまう関西人…。

今回の私たちの部屋は「アマンプロ」。
湯舟が長方形のお部屋ですが、他の部屋は円形か正方形でした。

脱衣所

思っていたよりも狭いですが、くつろげそうな椅子があります。

ドライヤーとエアコンは完備!

浴室

半露天との案内でしたが、外のドアが少し空いているだけで内風呂ですね。

お風呂は広々!4人でジャストぐらいです。
お湯の温度は子どもにはやや熱め。大人には気持ちいいぐらいです。

石造りで角があり段差もあるので、子どもが転ばないようにご注意。
泉質はぬるつきがあるかんじ。ボディソープとかがめっちゃ泡立ちます。

ボディソープやシャンプー完備。ただしゴワつきます。

感想

リゾート感を期待して行ったので、お風呂には拍子抜け。

もう少し脱衣所を広くしてリゾート感が欲しいところ。

特別室はお高い分リゾート感が半端なさそうなので、機会があればそちらに行ってみたいです。

温泉自体はぬるぬる系で熱さもちょうどよく、とっても気持ちよかったです!

施設名古保山リゾート
最終訪問日2021年3月
利用した部屋アマンプロ
お湯の入れ替えなし
備品シャンプー、リンス、ボディソープ
ドライヤーあり
エアコンあり
お湯の温度普通
子連れにおすすめ度★★★☆☆
営業時間10:00~22:00
入浴料金平日:60分 2,100円〜
土日祝:50分 2,100円〜
予約特別室のみ可能
所在地熊本県宇城市松橋町古保山字虎御前97−4
HP公式HP