フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【ご当地グルメ】宮崎空港で飛行機の見えるレストランでチキン南蛮をいただくという贅沢。

宮崎空港でご当地グルメを食べまくる

たーびん
宮崎のご当地グルメと言えば、「地鶏」「冷や汁」「マンゴー」などが有名ですよね。
宮崎地鶏のチキン南蛮や炭火焼きなんていくらでも食べれるくらい好きです。

今回は宮崎で実際に行ったお店をご紹介します。どのお店も子連れで行けますよ!

味のおぐらチェーン

宮崎で有名なチキン南蛮のお店といえば「味のおぐらチェーン」ですよね!
なんでもチキン南蛮発祥の店だとか。

チキン南蛮定食は味が濃く、ご飯とよく合います。
家族全員でペロリと完食!

小倉瀬頭店の座敷でいただきました。本当に美味しかったです!

店名味のおぐらチェーン
住所宮崎県宮崎市瀬頭2 丁目2-23
営業時間11:00~21:00
(LO/20:00)
定休日不定休
HP公式HP

宮崎空港内のレストラン

宮崎の空の玄関口、宮崎空港ターミナルビル内にもご当地グルメを提供するレストランが多数あります。

たーびん
今回は宮崎ブーゲンビリア空港ターミナルビル内にあり、宮崎のご当地グルメを提供する「レストラン コスモス」「おもてなし 夢かぐら」「カフェ カンナ」の3店舗をご紹介します!

レストラン コスモス

ターミナルビル3階にある「レストラン コスモス」。

ターミナルビルの運営会社である宮崎空港ビル(株)が運営しています。

ご当地グルメをいただくことはもちろんできますが、この店1番の売りはガンジスカレー!
ファンの多いまろやかなカレーです。

店内は広く、窓側席は空港のエプロン(駐機場)に面しているおり、駐機中の飛行機やな滑走路に離着陸する飛行機がよく見えます。

こだわりのガンジスカレー

空港レストランの厨房で調理され、宮崎県内にも配送し提供されたり、レトルトとしても販売されているガンジスカレー(840円)。
隠し味にエバミルクやピーナッツバターが入れられたりと、かなりこだわっているようです。

まろやかでコクがあり、優しいお味でした!
子供でも大丈夫でしたよ。

みんな大好き!チキン南蛮

宮崎ご当地グルメナンバーワンのチキン南蛮!ご飯付きで1230円。

嫁一番のお気に入り 冷や汁定食

意外と知られていない宮崎のご当地グルメの冷や汁。
定食で1000円です。

関西人には馴染みのない冷や汁。
ご飯に具材を乗っけ、鉢に入った味噌入りのお出汁(冷や汁)をかけていただきます。

マキ美
味の想像がつかなかったのですが、想像以上のおいしさ。子供も食べやすく、私は冷や汁が一番気に入りました。

お子様ランチ パイロットランチ

長男はお子様メニューのパイロットランチ(720円)。

飛行機の形をしたお皿が可愛いですよね。
この日着させていたパイロットTシャツがピッタリです。

店名レストラン コスモス
住所宮崎市大字赤江宮崎空港3F
営業時間10:00〜20:30
(LO/20:10)
定休日不定休
HP食べログ

おもてなし 夢かぐら

こちらもターミナルビル3階にある「おもてなし 夢かぐら」。
先にご紹介したコスモスの隣りにあります。

ご当地グルメを提供しており、定食の人気は、一位から「ちきん南蛮定食」「宮崎ひなた膳」「冷汁定食」。

おすすめメニューとして他に「妻地どりの炭火焼」もあります。

日向夏のタルタルソースがたっぷり!ちきん南蛮定食

一番人気の「ちきん南蛮定食(1320円)をいただきました。

サラダのドレッシングは日向夏と金柑の2種類。
デザートとしてコーヒーゼリーも付いています。

メインのチキン南蛮は日向夏を使用したというタルタルソースがたっぷり。
さっぱりした中にコクがあり、いくらでも食べられちゃいます。

コスモス同様、大きな窓からは飛行機がよく見えます。

カフェ カンナ

ターミナルビル2階の授乳室横にある「カフェ カンナ」。
この店でもガンジスカレーをいただくことができますが、こちらは軽食やマンゴーを中心としたスイーツがメインです。

マンゴーがふんだんに乗ったマンゴーパフェ

宮崎と言えば、マンゴー!
ということでマンゴーパフェ(1500円)をいただきます。

結構なお値段ですが、マンゴーがうっとりするほど甘い!
スイーツ好きの長男は大喜び。
家族4人で食べたので取り合いながら一瞬でなくなりました。

店名おもてなし 夢かぐら
住所宮崎市大字赤江宮崎空港3F
営業時間10:00〜20:30
(LO/20:10)
定休日不定休
HP食べログ
たーびん
空港のグルメは高いだけのイメージがありますが、宮崎空港はどのお店も特徴がありハズレなし。
特に飛行機を見ながらのランチはカップルにも家族連れにもおすすめです!