YouTubeにて「空港ではたらく車」配信中!

部屋から関空の飛行機が見えるホテル!「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」宿泊記

関西国際空港近くの飛行機が見えるホテル

たーびん
関西国際空港のすぐそば、りんくうタウン駅直結のホテル「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」に宿泊してきました。

空港側の部屋から飛行機が見えるこのホテルをレポートします!


「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」宿泊情報

宿泊日

2021年4月

予約プラン・部屋タイプ・料金

【事前決済/返金変更不可】 事前決済・返金不可だからとってもお得!!40%OFF 朝食付き
スタンダードダブル【ベイビュー】エアポートサイド
支払金額10,300円(税込)

アクセス

JR・南海「りんくうタウン駅」直結
改札から徒歩約1分

宿泊レポート

関空のすぐそば「りんくうタウン」にそびえ立つタワービル

関空からJRか南海で1駅のりんくうタウン駅に直結し、りんくうプレミアム・アウトレットのすぐそばにそびえ立つ地上256m、56階建のこのSiS Rinku Tower(りんくうゲートタワービル)。

このタワービルに今回宿泊するホテルがあります。

りんくうタウン駅に直結しているのでアクセスは抜群。
改札を出て徒歩1分でホテルの入り口に到着です。

1階のフロントでチェックイン。
カウンターの後ろには浮世絵も。

無料のコーヒーもいただくことができます。

1つのビルに入居する2つのホテル

このりんくうゲートタワービルには2つのホテルが入居しています。

スターゲイトホテル 関西エアポート

まずは今回宿泊するホテルではない方のホテルから。

56階建のうち28階より上階は2011年まで「全日空ゲートタワーホテル大阪」として営業されていた「スターゲイトホテル関西エアポート」のフロアとなっています。

ホテルの入り口は別の場所にあり、1階~6階・28階~54階の全358室がスターゲイトホテルの占有地。

エレベーターも別になります。

オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう

今回泊まるのがこちらの「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」。

客室は15,16,19〜24,26部分にあり、客室は全258室。

もともとこのフロアにはオフィスがありましたが、オリエンタルホテルが改装。

2019年12月15日にこの「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」を開業し、このビルに2つのホテルが併存することとなりました。

この高層ビル自体の築年数はもちろん両ホテル同じとなりますが、2019年にホテルとして改装されたこのホテルの方が内装や設備は新しいものとなります。

エレベーターはこのホテル専用のものとなっており、もう1つのホテルに行くことはできません。

各フロアにはセキュリティゲートが設けられており、カードキーをかざして部屋まで行くことになります。

今回宿泊する部屋は20階。
このような部屋の配置になっています。

そして今回の部屋は2006号室。

スタンダードダブル エアポートサイド

部屋の扉を開けるとこのような景色。

部屋から入り口側を見るとこんな感じです。

クローゼットにはハンガーラックや金庫。

サービスのミネラルウォーターは2本あります。

その奥にはデスク。

引き出しの中にはドライヤーとスマホの充電器が入っています。

ベッドルーム

十分なサイズの160cm幅タイプのベッド。

枕が4個とクッションが2個も置かれています。

枕元には照明スイッチ、USB電源、AC電源があり、一番左のボタンはカーテンを電動で開閉できるスイッチとなっています。
ベッドに寝転びながらカーテンの開閉を行うことができるのはいいですね。

テレビは置く場所に困り、無理矢理ここに置いた感が否めません。

風呂・トイレ・洗面

続いてバスルーム。

トイレ・洗面・バスタブがセットになったユニットタイプですが、広いです。

アメニティは基本的なものは揃っています。
しっかりしたボディタオルが2つもあったのが嬉しいですね。

バスタブはとても広く、足を伸ばして入ることができました。

部屋から飛行機撮影はできるのか?

エアポートサイドのこの部屋の窓からはどのような景色が見えるのでしょうか。

部屋からの景色

カーテンを開けるとこのような景色。

左側の壁が邪魔ですね。

もう一度フロア図を見てみましょう。

この2006号室からは隣の縦に長く広い2005号室が邪魔になっているということです。

少し望遠で撮るとこのように壁が見えないように撮影することはできますが、関空の南側1/3が見えません。

公式サイトにはスタンダードダブル(ベイビュー)は下の写真のような部屋となっていますが、この写真の部屋はおそらく2002か2003号室と思われます。

たーびん
この写真の部屋を期待して予約したのでちょっと残念でした。

関空の離着陸機を部屋から撮影

実際に部屋から飛行機撮影をしてみました。

夕刻、関空のランウェイ06Rで離陸する機体。

連絡橋を入れて撮ってみました。

次は管制塔を入れて。

翌朝は使用滑走路が変わり、北側から南向きに離着陸するランウェイ24Lに。

結構な望遠が必要ですね。
使用機材:CANON EOS 5D Mark Ⅳ(フルサイズ機)+200mm or 400mm)

トリミングしても天気がいいとこのようにメラメラが出てしまいます。

ちなみに後ろに見えている橋は兵庫県の明石海峡大橋ですよ。

朝食は54階にある「スターゲイト」で

朝食はもう1つのホテル「スターゲイトホテル関西エアポート」内にある「スターゲイト」が会場になります。

ホテル間を繋ぐ2階の専用扉から「スターゲイトホテル関西エアポート」に入り、エレベーターを乗り換え54階の会場へ。

これが54階から見たホテル北側の景色。

コロナ対策をしっかり行いながらのバイキング方式となっています。

ホテル西側の席に案内してもらいました。
250mほどの高さから関空がこのように見えます。超高い!

メニューはいたって普通です。

ですが、約250mの高さで食べる朝食は格別です。

関空の発着状況が気になって食事にはあまり集中できませんでしたねw

駅直結の贅沢なホテル

たーびん
関空からたった1駅の「りんくうタウン駅」に直結したホテル。

アクセス抜群でエアポートサイドの部屋からは関西国際空港が見える贅沢なホテルでした!

YouTubeに動画アップ

YouTubeの「たーびん*KUMARIAIR」チャンネルでは、実際に宿泊したホテルの様子を動画でお届けしています。
ホテルの部屋から撮影した飛行機の離着陸映像もありますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。