YouTubeにて「空港ではたらく車」配信中!

JALの新定番!スカイタイム「ももとぶどう」はオリンピックに向けて開発されていた

5代目のスカイタイムは「ももとぶどう」

たーびん

JALに乗るとついつい頼んでしまう、オリジナルジュース「スカイタイム」。
2020年12月にリニューアルしました!


スカイタイムの歴史

1992年 初代スカイタイムキウイ
2004年 スカイタイム ゆず
2011年 スカイタイムキウイ(復刻版)
2020年 ももとぶどう(NEW!)

たーびん

あまり頻繁に変更はされないスカイタイムシリーズ。
今楽しめる「ももとぶどう」はどんなものなのでしょうか。

東京2020オリンピックに合わせて開発

あまり市販では見られないキウイフレーバーのスカイタイムに負けないように、次もあまり市場では見られないフレーバーを考えられたようです。

とはいえ、市場にあまりない味=原材料の果汁や香料が日本では手に入りにくいということが判明。
しかし、あまりに奇抜な味では親しんでもらえない…そこで、複数の果物をミックスしたフレーバーを試行錯誤され、「桃と2種類のぶどう」に行きついたとか。

たーびん

今までのフレーバーと違う色味で、かつ、JALのブランドカラーに合うフレーバーがまさにこの「ももとぶどう」フレーバーだったようです!

フレーバーの完成にはJALの旅コミュニティサイト「Trico」のリアルイベント参加者の協力もあったようです。

マキ美

機内で何気なく飲んでいるドリンクがこんなに慎重に作られているなんて驚きです!

およそ2年の歳月をかけて作られた「スカイタイムももとぶどう」。
パッケージはなんと社員さんのデザインだそうです。

先日の搭乗時に飲んでみました

たーびん

先日、南紀白浜ー羽田線に搭乗した際にいただいてみました。

【南紀白浜→羽田】本州最南端の空港は滑走路が2本?日本航空(JAL)ボーイング737-800搭乗記

こちらが社員さんがデザインされたというパッケージ
赤っぽい色の「スカイタイム ももとぶどう」

たーびん

いつものキウイもお気に入りでしたが、甘くて美味しかったです!
お子様にも人気が出そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。