漫画「総員玉砕せよ!」レビュー

今日は故・水木しげる先生のお誕生日!
境港では先日大きな生誕祭が行われていましたね。

IMG_1570
こちらは米子鬼太郎空港にて撮影したイラストです。

私、マキ美は水木先生が好きすぎて、境港には4回足を運び
妖怪検定も受けに行きました。(落ちましたが…泣)

幼い頃は兄の持っていた妖怪図鑑、悪魔図鑑を何度もめくっていました。

夜階段をあがるときには下にたんたんぼうがいないかドキドキし、
寝るときには枕返しがこないかドキドキし、
お風呂に掃除に入るときにはあかなめがいないかドキドキし、
森を歩くときはぺとぺとさんが来ないかドキドキしたものです! 

水木先生といえば妖怪なのですが、戦争ものも描かれています。
先生はニューブリテン島での戦いで左手を失っているため、非常にリアルです。 

総員玉砕せよ!」もニューブリテン島が舞台。
前半は南国でのんびり過ごす日々が描かれ、後半は激戦の描写になっています。

かっこいいヒーローも、かわいいヒロインも出てこないし
なんの飾りっけもなく、ただただ現実的な戦いを見せられます。
それを気負いなく、淡々と伝えてくれるような漫画。

戦争ものに興味がなくても、知っておきたい内容です。
この機会にぜひ。

総員玉砕せよ!
水木しげる
おすすめ度:★★★★★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。