羽田空港ブラブラ&滑走路の話

先日羽田空港をブラブラした時の続きを書きたいと思います。

国際線ターミナルから国内線第1ターミナルを眺めます。
旧管制塔
IMG_5926-001
こちらは現在使用されている管制塔ですね。
IMG_5951-001
高さは世界で4番目の高さを誇る115.7mです。

キャセイのジャンボがやってきました。
IMG_5945-001
これから出発のルフトハンザのジャンボ。
この角度から見るジャンボは本当に美しい!
IMG_5976-001
中華航空A330の特別塗装機「Welcome to Taiwan」
可愛い絵ですね。
IMG_6033-001
先ほど出発したルフトハンザのジャンボ。
そういやまだ離陸していません。
使用離陸滑走路は34R&05。
どこに行ったのかと思っていたところ、なんと16Lで離陸!!
離陸直後に左に急旋回!!
なかなか飛ばないと思ったら16Lで飛ぶためにずーっと待ってたんですね。
IMG_6054-001
ここで少しお勉強を

現在羽田空港の滑走路は4本あります。
A滑走路(34L/16R) 3000m
B滑走路(22/04)   2500m
C滑走路(34R/16L) 3000m
D滑走路(23/05)   2500m
滑走路
そこで滑走路の運用方法ですが、羽田空港の場合

【南風運用時】
離陸滑走路 16R(A)、16L(C)
着陸滑走路 22(B)、23(D)
南風
【北風運用時】
離陸滑走路 34R(C)、05(D)
着陸滑走路 34L(A)、34R(C)
北風
となっています。
ルフトハンザ等の長距離国際線は重量が重く、
2500mの滑走路では離陸には長さが足りないんですよね。
しかも南風運用時のA滑走路16R離陸の場合、
A滑走路とB滑走路が少し重なっているためA滑走路は実質3000mもありません。
なので長距離国際線は基本的にC滑走路を使用すると考えれますね。

ちなみにC滑走路が3000mと書きましたが、現在延伸工事が行われており
間もなく3360mになりますよ。
これでもうすぐ就航するルフトハンザのB747-8も安心して離着陸できますね。

難しい話はこれくらいにしときますww
この日は視程がよく、アクアラインが綺麗に見えました。
IMG_6060-001
まだエアカナダのB787の写真を撮れていなかったので待っていると
C滑走路34Rで着陸してきました。
IMG_6066-001
さぁ、今から撮ろう!!
と思ったら見えないスポット(900番台)に。。。
IMG_6071-001
諦めて不完全燃焼で帰路に着きましたとさ。
IMG_6076-001

では今日はこのへんで。

2 件のコメント

  • 羽鳥・雷・テスタロッサさま
    こんばんは!
    そうなんです。今は羽田が一番近い空港になりましたので
    暇があれば足を運んでいます。
    でもやっぱりKIX、ITMが懐かしいです…泣

    羽田の管制塔は本当にかっこいいですよね。
    私もいつも見てしまいます。あの中でドラマのようなことが繰り広げられているのかと思うとわくわくしますよね!

    クリスタル会員に昇格おめでとうございます
    サファイアも射程圏内とはさすがですね。
    たくさんのフライトを楽しんでくださいね!

    グランジにつきまして、在庫管理が遅れており申し訳ございませんでした。
    先ほど追加のメールをお送りさせていただきましたので、ご確認くださいませ。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  •  こんにちは。東京に引っ越されてから羽田空港に行かれることが多くなりましたね。

     C滑走路が延伸されるんですね。これは知りませんでした…。長距離国際線かつジャンボだと、滑走路も長くないといけませんね。

     私、羽田に来るといつも、管制塔が目につきます。一昨年のドラマ「TOKYOエアポート」の影響なんでしょうかね?(リアルタイムで全話見ました。サントラもiPhoneに入れています)

     さて、無事JMBクリスタル会員に昇格した私。10月はもうすぐ運休(10/25)になるJAL那覇/成田線で成田に行くのですが、11月・12月はJMBサファイア&JGCを目指して那覇/羽田線に乗りまくります。月2回程…。FOPで達成を目指します。12月はバースデーフライトの予定も入っているので3回になりますが…。

     先ほど、新しいログブックを注文しました。ドット柄を注文したのですが、グランジが売り切れだったようで残念ですorz

     2冊目(レトロノート)もあと4フライトで終了します。3冊目はレトロ黒で行きます!

     それではまた機会がありましたらコメントさせていただきます。ではでは。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    カテゴリー