【国内エアライン図鑑/ソラシドエア】飛行機保有機材一覧

kumari
日本のMCC(中堅航空会社)のソラシドエアが運航している飛行機リストです。
最後にちょっとした豆知識も載せているのでぜひ最後までご覧ください。

2019年最新!【国内エアライン図鑑】全25社を写真付きで紹介<br>日本国内に就航する定期航空会社カタログ

2019年11月7日

【解説】MCC(中堅航空会社)4社まとめ!

2019年8月1日

ソラシドエア 基本情報

会社名株式会社ソラシドエア
本社宮崎県
IATA/ICAO6J/SNJ
コールサインNEW SKY
運航開始2002年8月
拠点空港羽田(HND)
那覇(OKA)
就航地(国内)羽田(HND)
中部(NGO)
神戸(UKB)
大分(OIT)
長崎(NGS)
熊本(KMJ)
鹿児島(KOJ)
那覇(OKA)
石垣(ISG)
就航地(国際)運航なし
使用機材B737-800
保有機数14機
座席数174席
シートピッチ約32インチ
(約81cm)

保有機材リスト

現在ボーイング737-800を14機保有しています。

機体記号機種
JA801Xボーイング737-800
JA802Xボーイング737-800
JA803Xボーイング737-800
JA804Xボーイング737-800
JA805Xボーイング737-800
JA806Xボーイング737-800
JA807Xボーイング737-800
JA808Xボーイング737-800
JA809Xボーイング737-800
JA810Xボーイング737-800
JA811Xボーイング737-800
JA812Xボーイング737-800
JA813Xボーイング737-800
JA67ANボーイング737-800

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

ちょっとした豆知識

ボーイング737-400の存在

現在はボーイング737-800のみで運航しているソラシドエアですが、2002年の設立から2014年まではボーイング737-400を運航していました。

ボーイング737-400(JA392K)

ボーイング737-400「スカイネットアジア塗装機」(JA737F)

【BOEING】航空機メーカーの二大巨頭<br>ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の見た目の違いを写真付きで解説!

2019年5月25日

3レターコードは?

「SNA」と表記されることがありますが、2015年まで使用していた会社名「スカイネットアジア航空(Skynet Asia Airways)」のイニシャルを使用したもので、正式なICAOの3レターコードは「SNJ」となります。

名前の由来・塗装色

「空(Sola)から笑顔の種を蒔く(Seed)」

ソラシドエア(Solaseed Air)の名前の由来でもあり、ブランドコンセプトでもあります。
また機体塗装色は「ピスタチオグリーン」と名前が付けられています。

搭乗記

那覇(OKA)ー神戸(UKB)で利用しました。
現在は全て新機材を導入しており、スカイインテリア仕様でとても綺麗な機内でしたよ!

【那覇(OKA)→神戸(UKB)】<br>スカイインテリア仕様の快適な機内<br>ソラシドエア(SNJ)B737-800搭乗記

2019年7月27日

飛行機雑学記事はこちら