【2019年版比較】ハワイに行くならANA?JAL?どっち?

ハワイ行きはハワイアン航空やデルタ航空、格安航空会社のエアアジアXなど、様々な選択肢がありますが、やっぱり安心の日系エアラインで行きたいって方も多いと思います。

以前は日系エアラインでハワイといえばJALでしたが、ANAがA380を3機も投入することによりどちらを選べばいいのか迷ってしまいますね。

というわけで、ハワイ行きのJAL、ANAを比較してみましょう!

ANAとJALの特徴

ANA

  • ピカピカのA380、FLYING HONUに乗れる!(成田便のみ)
  • アラモアナルートのバスに乗り放題。(マイレージクラブ会員限定)
  • ファーストクラス設定あり。

JAL

  • 成田、中部、関空から発着しており、ハワイアン航空との提携便(羽田、新千歳)もあるため便利。
  • もちろんハワイアン航空に乗ってもマイルが使える、貯まる。
  • アラモアナルートのレインボートロリーが乗り放題。
  • ファーストクラス設定はなし。

就航路線

ANAは関東からの出発しかなく、不便さを否めません。
ちなみに羽田からフライングホヌ(A380)には乗れません。

一方JALはハワイアン航空もコードシェアで飛んでいるので、かなり便利です。

ANA

  • 羽田(HND)/ホノルル(HNL)1日1便
  • 成田(NRT)/ホノルル(HNL)1日3便

JAL

  • 羽田(HND)/ホノルル(HNL)1日2便 ※HALコードシェア
  • 羽田(HND)/コナ(KOA)1日1便 ※HALコードシェア
  • 成田(NRT)/ホノルル(HNL)1日4便
  • 成田(NRT)/ホノルル(HNL)1日2便 ※HALコードシェア
  • 成田(NRT)/コナ(KOA)1日1便
  • 新千歳(CTS)/ホノルル(HNL)1日1便 ※HALコードシェア
  • 中部(NGO)/ホノルル(HNL)1日1便
  • 関西(NRT)/ホノルル(HNL)1日1便
  • 関西(NRT)/ホノルル(HNL)1日1便 ※HALコードシェア

必要マイル数(往復)

ローシーズンからハイシーズンで必要マイル数は変動します。
JALでは片道発券が可能なので融通が利きますね。

ANA

エコノミー 35,000~
※片道発券不可

JAL

エコノミー 40,000~
※片道発券可能(20,000〜)

使用機材と座席比較

大きな違いとして、ANAにはファーストクラスがありますがJALにはありません。
ただし、期間限定運航のJALのB777-300ERにはファーストクラスがあります

【B777-300ER運航期間】
夏休み期間(2019年8月8日〜8月17日)の成田−ホノルル線(780/781便)

エコノミーシート比較

シートピッチ(足元)はANAのほうがやや広めなものの、座席の幅は不明。
JALはエコノミーは全席「JAL SKY WIDER」としており、エコノミーなのに足元、横幅がゆったりしています。(B767-300ERは除く)
ANAは日本の航空会社で初のカウチシート「ANA COUCHii」を追加料金で利用可能。3席もしくは4席分のレッグレストをあげて、ベッドのように利用できます。

プレミアムエコノミーシート比較

JALのB767-300ERにはPエコノミーの設定はありません。
シートピッチにはなんと10cmも違いがあります。
どちらもフットレスト、レッグレストがついており、ラウンジの利用が可能になります。

ビジネスシート比較

JALのビジネスクラスは機種によってシートの形状が違います。
いろんな方のブログを見ていると「JAL SKY SUITEⅡ」(B767-300ER)が好評なようです。

【シート詳細(JAL公式HP)】
JAL SKY SUITEJAL SKY SUITEⅡJAL SKY SUITEⅢ

【成田(NRT)→仁川(ICN)】<br>アシアナ航空(AAR)A380ビジネスクラス搭乗記。2階建て超大型機のアッパーデッキでスタッガードシートを体験!

2018年9月17日

子連れに嬉しいプレゼント

ANA

FLYING HONU ひこうきふうせん

ANAオリジナルデザイン エコバック

全便対象なのが嬉しい!

JAL

キッズショルダーバッグ

対象便:成田・関西・中部−ホノルル線、成田−コナ線 ※日本発便のみ配布
対象者:2歳〜小学校低学年まで

沖縄便で配布されているバッグのハワイ版のようです。

まとめ

ANAマイラーで羽田、成田に行けるならANAを選べますが
ほとんどの方はJALのに軍配のあがる結果になりました。
ANA公式HP
JAL公式HP

おすすめはANAやJALで直接航空券を購入してホテルは別で取る方法です。
パックツアーにはないホテルを格安で選べて、かなり安くあがります。
デメリットはちょっと面倒、キャンセル不可の場合があるので条件をよく読んでから予約すること。

Hotels.comagodaエクスペディアでホテル比較ができます。

また、ツアーでもセールでお安くなっている場合もあります。

どれがいいかはタイミングによってバラバラですので、こまめにチェックしてくださいね。

【日本人が少ない】ハワイでの新婚旅行、挙式におすすめのホテル4選

2019年6月28日

オーダーメードで旅を作れるサービスも

飛行機とホテルの手配を別々でするとリサーチに時間がかかり、トラブルがあった際にすべて自分で手配をしなくてはいけません。
そういったリスクを回避するために、オーダーメイドで旅を作ってくれるサービスもあります。
ツアーといっても個人向けなので、旗を持って大人数でゾロゾロ…というものではありませんw

もちろん自分で手配するよりも少しの手数料はかかりますが、安心料と思えば安いものです。
見積や相談だけなら無料ですので、そういったサービスもうまく活用してください。