フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【ソラシドエアのマイルの貯め方を詳しく説明】ANAの2.7倍!JALの4倍!簡単にできる裏技の方法を陸マイラーがご紹介

爆発的に貯まる!陸マイラー的ソラシドエアマイルの貯め方をご紹介

たーびん
ポイントサイトで貯めたポイントを航空会社のマイルに交換して特典航空券で飛行機に乗りまくっているたーびんです。

今回はソラシドエアのマイルの貯め方をご紹介。

ビックリするほど簡単にめちゃくちゃマイルが貯まる方法を伝授します!

ソラシドエア(Solaseed Air)とは

宮崎県に本社を構える「九州・沖縄の翼」、ソラシドエア。

全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)のようなFSC(Full Service Carrier)ではなく、低価格で充実したサービスも備えたハイブリットな中堅・地域航空会社のMCC(Middle Cost Carrier)です。

ソラシドエアについては、下記記事で詳しくまとめているのでご覧ください。

陸(おか)マイラーのマイルの貯め方

マイルの貯める方法は主に3種類あります。

  • 飛行機に乗って貯めるフライトマイル
  • 提携のクレジットカード決済によって貯めるクレジットマイル
  • ポイントサイトを利用して貯める陸マイル

一般的に知られている飛行機の搭乗やクレジットカード決済で貯めるのは当然ですが、爆発的にマイルを貯めるのは無理です。

例えば毎月10万円のクレジットカード決済をしても貯まるのは毎月ぜいぜい1,000マイルほどです。

「ポイントサイトを利用してマイルを貯める」

飛行機に乗らずしてこのようなマイルの貯め方をする人のことを「陸(おか)マイラー」と呼びます。

今回ご紹介するのは「ポイ活して貯めたポイントを航空会社のマイルに交換する」といった方法。

陸マイラーとしてマイルを貯める基本的な考え方はANAやJALのマイルを貯めるのと全く同じなので下の記事を見てください。

初心者でもわかりやすいように詳しく説明しているので、陸マイラーやポイ活についての知識がない方はこちらからお願いします。

ソラシドエアのマイルを一番簡単に一番たくさん貯める方法は5ステップ

前置きはこれくらいにして、どのような手段を用いてソラシドエアのマイルをいっぱい貯めるかを説明していきます。

最初に言っておきますが、ANAやJALのマイルよりかなり多くのマイルを貯めることが可能です!

1.Solaseed Airカードを発行

まずはソラシドエアのクレジットカード「Solaseed Airカード」を発行しておいてください。

これがないと陸マイラーとしてソラシドエアのマイルを爆発的にためることはできません。

  • 年会費1,375円(税込) ※初年度年会費無料
  • 家族会員年会費440円(税込) ※初年度年会費無料

年会費が安い上に、初年度は年会費無料です!

2.ポイ活!ポイントサイトでポイントを貯める

ポイ活って?という方は下記記事を先にお読みください。

僕がいつも利用しているポイントサイトは4つ。

モッピー

ANAマイルにもJALマイルにも強いポイントサイト。
クレジットカード案件にも強い。

ハピタス

陸マイラー御用達の安心・安全に利用できる老舗ポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチ

クレジットカード案件に非常に強いポイントサイト。

コインカム

キャンペーンでANAマイル還元率が業界No.1のポイントサイト。
他社にない独占案件が多いのが特徴。
※ANAマイルへは高レートで交換できますが、残念ながら現在のところ今回紹介しているソラシドへの交換ルートはありません。

まだ登録していない方は上のバナーからの登録でポイントがもらえるのでぜひこの機会に登録してください。

各社特徴は様々ですが、上記4サイトは僕が自信をもって安心できるサイトと言えます。

3.Gポイント or Pexポイントに交換(移行)

ポイントサイトで貯めたポイントを別のポイントサイト「Gポイント」または「Pex」に交換(移行)します。

ポイントサイトのポイントを等価で移行することができます。

例)10,000ポイント(10,000円分)→10,000G(10,000円分)

例)10,000ポイント(10,000円分)→100,000Pexポイント(10,000円分)

登録がまだの人はこちらからどうぞ。

交換したポイントの反映はサイトによって微妙に違いますが、即時~1週間ほどです。

交換手数料は無料!

4.三井住友VISAカードのVポイントに交換(移行)

ポイントサイトからGポイントやPexに移行したポイントを次は三井住友VISAカードのポイント「Vポイント」に移行します。

1で発行するSolaseed AirカードはVISAブランド。

VISAのポイント「Vポイント」にも等価で移行することができます。

例)10,000G(10,000円分)→10,000Vポイント(10,000円分)

例)100,000Pexポイント(10,000円分)→10,000Vポイント(10,000円分)

Gポイントは即時にVポイントに交換できますが、Pexは交換月の翌月25日前後に反映されるので余裕をもって早めに交換する方がよさそうですね。

こちらも交換手数料は無料!

5.ソラシドエアのマイルに交換(移行)

最後は三井住友VISAカードのポイント「Vポイント」からソラシドエアマイルに交換。

ソラシドエアのマイルがめちゃくちゃ貯まりやすいのはここがポイントなんです!

交換レートが驚異の1円→2マイル!

例)10,000Vポイント(10,000円分)→20,000マイル

交換手数料はもちろん無料!

ポイント交換まとめ

ポイントサイトで10,000円分のポイントを貯めてソラシドエアのマイルに交換した場合、なんと20,000マイルに化けるということになります!

Gポイント経由
Pex経由

これってかなり高レートなんですよ!

ポイントサイトで貯めた10,000円分のポイントの場合

  • ANA=7,500マイル(レート75%)
  • JAL=5,000マイル(レート50%)
  • ソラシド=20,000マイル(レート200%)

 

たーびん
これは驚異のレート…!

ソラシドのマイルはANAの2.7倍、JALの4倍貯まるということになりますね。

最初知った時は嘘かと思ったくらい驚きました。

貯まりやすいだけじゃない!ソラシドマイルの使い方のメリット

ソラシドエアのマイルはかなり貯めやすいということはもう理解していただけたと思います。

けどその貯めたマイルの使い道がなかったり、飛行機のチケット(特典航空券)に交換するレートがかなり悪かったりしたら意味がないですよね。

次はその貯めたマイルをどう使うのか?を説明します。

貯めたマイルは特典航空券に交換が基本

ANAやJALのマイルは各社ショッピングサイトでの購入に利用できたりしますが、ソラシドエアの場合は特典航空券と呼ばれる航空券への交換が基本となります。

路線や搭乗日によって交換に必要なマイルは異なりますが、これがかなりお得なんですよね。

こちらのページで詳細は確認できますが、一番距離の短い那覇~石垣線ならローシーズンは4,000マイル、一番距離の長い羽田~那覇ならローシーズンは6,000マイルで交換できます。

しかも往復割引があり、一番距離の短い那覇~石垣線ならローシーズンは往復7,500マイル(片道3,750マイル)、一番距離の長い羽田~那覇ならローシーズンは往復11,000マイル(片道5,500マイル)で交換することができます。

これってかなり格安なんですよ!

格安な必要マイル数

ANAとJALの必要マイル数と比べてみましょう。

那覇~石垣(レギュラーシーズン)

航空会社片道往復
ソラシド5,0009,500
ANA6,00012,000
JAL6,00012,000

 

羽田~那覇(レギュラーシーズン)

航空会社片道往復
ソラシド8,00013,000
ANA9,00018,000
JAL7,50015,000

 

どうですか?

こうやって比べるとソラシドは特典航空券交換に必要なマイル数がどれだけ少ないか一目瞭然でしょう。

貯めやすくて特典航空券購入は格安!ということになります。

家族・親族じゃなくてもOK!利用者の限定なし←ココがポイント

他の航空会社の特典航空券とは違い、利用者の限定がないのがポイント。

これ、本当にすごいことなんです。
一般的に航空会社のマイルを特典利用できる人というのは、本人もしくは家族となっています。

例えばANAの場合で言うと、「マイレージ会員本人と会員の配偶者・同性パートナーおよび二親等以内の家族」となっています。

実際に僕も家族旅行ではもちろん、自分の親が熊本に遊びに来る時や、妻のお母さんが熊本にヘルプに来てくれる時に僕のマイルを使って航空券を購入したりもしています。

ですがこれは一般的なこと。

一方、ソラシドエアの特典航空券利用については公式サイトにこう書かれています。

【特典航空券をご利用いただける方】
「会員ご本人様または会員が予約時に指定した利用者に限りご利用が可能です。」

もうおわかりですよね。
親族でなくても予約時に指定した人なら誰でもいいということ。

恋人や、友達のチケットを自分のマイルで取ってあげることが可能なんです。

これができるとできないでは全然使い勝手が違いますよね。
これは最高の条件と言えるでしょう。

意外と豊富な就航路線

必要マイル数が格安でも就航している空港や路線、便数が少ないと貯めても使い道がないので意味がないですよね。

ソラシドエアは結構な路線網を有しているんです。

本社のある宮崎空港を始めとして、羽田空港・中部セントレア・鹿児島空港・那覇空港を中心に多くの路線に就航しています。

ソラシドエアの就航空港(2021年夏ダイヤ)
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 神戸空港マリンエア
  • 福岡空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 南ぬ島石垣空港

 

見てください。運航便数も多いんです。

羽田~宮崎線は1日に6往復12便、羽田~熊本線は5往復10便も運航されています。

神戸~那覇線も1日に3往復6便も運航されているため、日帰りも可能ですね。

意外と知られていないかもしれませんが、南は石垣空港にまで就航しているんですよ。

エアドゥ(Air Do)との共同持株会社設立によりネットワークがさらに充実

2021年5月31日に正式発表された「九州・沖縄の翼のソラシドエア」と「北海道の翼 AIRDO」による2022年10月の共同持株会社設立。

これによってソラシドマイルとAIR DOポイントの相互交換が可能になるキャンペーンが開催されます。

移行で行こう!!ポイント&マイル相互交換キャンペーン

キャンペーン期間

2021年7月1日(木)~ 2022年3月31日(木)

ソラシドエアサイト

https://www.solaseedair.jp/two-wings/

AIR DOサイト

https://www.airdo.jp/information/two-wings/

たーびん
「九州・沖縄の翼」と「北海道の翼」が連結することによってソラシドマイルで北海道に行くことが可能になります。
ソラシドエアの就航空港(2021年夏ダイヤ)
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 神戸空港マリンエア
  • 福岡空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 南ぬ島石垣空港

 

エアドゥの就航空港(2021年夏ダイヤ)
  • 新千歳空港
  • 旭川空港
  • 女満別空港
  • たんちょう釧路空港
  • 帯広空港
  • 函館空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 神戸空港マリンエア

両社が就航しているのは羽田空港・セントレア・神戸空港の3空港。
格安マイルで九州・沖縄から旭川や女満別・釧路に行くことができるようになります。

これは利用者からするとかなりのメリットがありそうですね。

 

たーびん
いかがでしたか?

今回ご紹介した方法を使えば、ポイ活で大量ポイントをゲットし、タダで飛行機に乗りまくることが可能になります!

最初は面倒に感じるかもしれませんが、一歩踏み出せば簡単にマイルが貯まっていくことに驚くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。