フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【新千歳→利尻】季節運航最終日!利尻富士と礼文島を拝む全日本空輸(ANA)B737-700搭乗記

夏季限定運航のANA利尻便

kumari
飛行機が好きすぎて国内航空会社ほぼすべての飛行機に搭乗しているkumariです。

今回は日本のほぼ最北端の離島にあり、利尻空港と新千歳空港を夏季限定で結んでいるANA便を利用してきましたのでレポートします!

フライトログ

搭乗日はANAの利尻空港乗り入れ最終日となる9月30日。
ジェット機で運航する北海道内路線です。

フライトログを付けるなら
FLIGHT DIALOG

限定運航最終便は条件付き運航

搭乗口は6番。
利尻空港周辺が霧のため、利尻空港に降りられない場合は新千歳空港に戻るかもしれないという条件付き運航となりました。

ボーイング737-700の当たり席

今回乗る飛行機はこちら。

ボーイング737-700(JA04AN)です。

今回指定した座席は13A。


実は最初はこの1つ前の12Aを指定していましたが、非常口座席でカメラも手に持てないため変更しました。

最初なぜ12Aがよかったのか?

見てください。これが12Aです。

写真を見ておわかりのように12Aの前にはシートがないんです。
反対側の12Kも同様です。
かなーり足を伸ばして座れますよ!
非常口席なので足元に荷物を置いたりはできませんが、これはB737-700の当たり席と言っていいでしょう。

新千歳空港出発

条件付き運航とはいえ、定刻に出発。

スポットから滑走路まではとても近いのでスポットを離れてからすぐにR/W19Lで離陸。

離陸後は新千歳空港が綺麗に見えました。

ちなみにこの日の搭乗率は悪く、周りは全て空席。

ドリンクサービスはあまり喉が乾いていなかったのでミネラルウォーターをチョイス。
降機後も持ち運べるのが便利です。

利尻空港到着

巡航中は見渡す限り雲。

雲を抜けると利尻島が見えてきました。
上空は雲に覆われて天気が悪そうですね。

空港の北側を旋回。R/W07での着陸のようです。
滑走路の向こう側に利尻富士が見えるはずが、雲に隠れて見えないのが残念。

礼文島を左手に着陸。

条件付き運航でしたが無事着陸できて一安心。

PBBはなく、写真好きには嬉しい徒歩降機。
機体を近くで撮影できるチャンスですからね。

季節運航最終日とはいえ、特別なお出迎えや歓迎は全くなく、本当に今日が最終日?と思えるほど通常営業でした。
 

kumari
残念ながら利尻富士を拝むことはできませんでしたが、無事着陸でき快適なフライトとなりました。

この後はターミナル内の軽食屋さんで利尻昆布ラーメンを食べたとさ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。