【プライオリティパス】プーケット空港(HKT)ラウンジ
「Coral Beach(Coral Executive Lounge)T1」体験レポート

kumari
プーケット空港国内線第1ターミナルにあるラウンジ「Coral Beach(Coral Executive Lounge)T1」をプライオリティパスで利用しました。

プライオリティパスについては別記事で詳しく解説しています。

ほぼ空港にいるのにホテル取るのばかばかしい。空港マニアの必須アイテム「プライオリティ・パス」

2019年12月17日

プーケット空港「Coral Beach(Coral Executive Lounge)T1」ラウンジ基本情報

ラウンジ名Coral Beach(Coral Executive Lounge)T1
空港プーケット空港(HKT)
航空会社
利用日2018年11月
場所国内線ターミナル
エアサイド
ゲート6の隣り
営業時間06:00~22:00
プライオリティパス利用可
食事あり
シャワーなし
利用条件・最長3時間まで利用可能
・アルコールはビールのみ無料

↓プーケット空港国内線ターミナルのもう1つのラウンジ↓

【プライオリティパス】プーケット空港(HKT)ラウンジ<br>「The Coral Executive Lounge T1」体験レポート

2020年1月6日
↓プーケット空港国際線ターミナルにあるラウンジ↓

【プライオリティパス】プーケット空港(HKT)ラウンジ「The Coral Executive Lounge」体験レポート

2018年12月9日

ラウンジへのアクセス

国内線搭乗時に利用することになる第1ターミナル。

6番搭乗口の横にあります。搭乗エリアはそんなに複雑ではないのですぐにわかるはず。

ラウンジ内部

オシャレなカフェのような造りになっています。
カウンター

フードコーナー

テーブル(ソファ)席

この時はかなり空いていたので一人でテーブル席を利用しました。

フード&ドリンク

フードも見ての通りかなりオシャレ。ホテルのビュッフェみたいでしょ。

シャレすぎていて、これが何の料理なのか説明できません・・・w
写真で感じ取ってください。

ホットミールもあります。
タイカレー

ピザなんかもあります。

ジュースもいろいろあります。

アルコールドリンクはあるか確認していませんでしたが、調べたところあるようです。

いただいたもの。

見た目だけでなく味も満足でした。

利用した感想

kumari
近年人気急上昇しているリゾート地プーケット。
タイ国内線利用時はこんなオシャレなラウンジをプライオリティパスで利用できるプーケット空港のラウンジは最高です!

ラウンジ利用時の搭乗便とクラス

プライオリティ・パスと搭乗券の提示で入れます。

kumari
ちなみに僕が搭乗した便はこちら。
この時はノックエアの国内線搭乗時にに利用しました。
プライオリティパスを持っていればLCCでもOKです!

【ノックエア】28機中20絵柄ゲット!<br>鳥塗装のノックエア (NOK/DD)機材絵柄カタログ

2019年12月24日

お得に旅ができるプライオリティ・パス

この記事で体験したラウンジは、プライオリティパスを使用しています。

プライオリティパスとは、US$99~US$429の年会費で世界500都市1200か所以上の空港ラウンジが使えるサービス。

たとえば、成田空港なら4箇所、シンガポール・チャンギ空港なら11箇所のラウンジが利用可能。

広々したラグジュアリーな空間、食べ飲み放題、ゆったりしたソファー、更にはシャワーがあるラウンジもあります。

年会費がUS$99~US$429ですが、無制限で利用できるのは年会費429ドルの一番高い会員権

これが「楽天プレミアムカード」に入れば、無料で429ドルの会員権を得ることができます。

別記事で詳しく解説してますので、どうぞ。

ほぼ空港にいるのにホテル取るのばかばかしい。空港マニアの必須アイテム「プライオリティ・パス」

2019年12月17日

↓↓↓ラウンジレポートをもっと見る↓↓↓