【プライオリティパス利用可能】
仁川国際空港(ICN)ラウンジ
「Sky Hub Lounge」体験レポート

kumari
仁川国際空港の第1ターミナル東ウィングにあるラウンジ「Sky Hub Lounge」をプライオリティパスで利用しましたので、行き方や食事などをレポートします!

【プライオリティパス利用可能】<br>仁川国際空港(ICN)ラウンジ<br>「Asiana Business Lounge」体験レポート

2019年3月25日

【プライオリティパス利用可能】<br>仁川国際空港(ICN)ラウンジ<br>「Matina」体験レポート

2019年4月9日

仁川国際空港「Sky Hub Lounge」ラウンジ基本情報

ラウンジ名Sky Hub Lounge
空港仁川国際空港(ICN)
航空会社
利用日2019年3月
場所第1ターミナル
エアサイド東ウィング
トランジットカウンター隣
Gate11向かい側
営業時間07:00〜21:30
22:00〜06:00
プライオリティパス利用可
食事あり
シャワーなし
利用条件・最長5時間まで

ラウンジへのアクセス

東ウィング、11番ゲート前のエスカレーターを上った4階、「Transfer Lounge」の案内に沿っていけばたどり着きます。


エスカレーターで4階に上るとトランジットカウンターがあるのでその奥。


入口は派手なので離れていてもすぐにわかりますね。

ラウンジ内部

内部は広く、ソファ席、テーブル席、カウンター席など様々なシートがあります。

室内の照明は明るめで半個室のような座席もないため、寝るのは少々難しい印象。
(ですが、イビキをかきながら寝てる人もいました。)

各席には電源を備えており、USBでも韓国のコンセント(Cタイププラグ)の両方で充電が可能です。

フード&ドリンク

早朝5時頃に行ったためmidnight menu。
ホットミールはなく、サラダやパンなどの軽食のみでした。

ドリンクやカップラーメンも一通り揃っています。

利用した感想

kumari
僕が利用した時は軽食しかありませんでしたが、ほぼ全席に電源を備えており、ゆっくり座って過ごすには十分なラウンジでした。

ラウンジ利用時の搭乗便とクラス

プライオリティ・パスと搭乗券の提示で入れます。

kumari
ちなみに僕が搭乗した便はこちらです。
この時はアシアナ航空に乗りましたが、プライオリティパスを持っていればLCCでもOKです!

プライオリティ・パスとは

US$99~US$429の年会費で世界500都市1200か所以上の空港ラウンジが使えるサービス。


プライオリティパスの使えるラウンジは、一般的なカード系ラウンジだけではなく豪華な航空系ラウンジにも入れるため、一つの空港にいくつも入れるラウンジがあります。

たとえば、成田空港なら4箇所、シンガポール・チャンギ空港なら11箇所のラウンジが利用可能。

広々したラグジュアリーな空間、食べ飲み放題、ゆったりしたソファー、更にはシャワーがあるラウンジもあります。

僕のように飛行機に乗ることが目的で、観光やホテルは必要ない場合はラウンジで済ます方がラクだし経済的なので、持っていて損はありません。

年会費がUS$99~US$429ですが、無制限で利用できるのは年会費429ドルの一番高い会員権

これが「楽天プレミアムカード」に入れば、無料で429ドルの会員権を得ることができます。

楽天プレミアムカードの年会費は1万円ですが入会時に最大14,000円分のポイントバックがあるので、1年目は実質無料+αになるわけです。

なぜか分かりませんが、どう考えてもお得なんです。
年に数回、格安旅行をするなら入っておきましょう。


楽天プレミアムカード 入会キャンペーン実施中!

kumari
僕は妻子持ちなので、格安旅行に行くにしても3泊ほどが限度です。
なので、機内泊+ラウンジ泊でホテル代と食事代が浮き、本当に飛行機代だけで楽しめています。
今回ご紹介したようなビジネスクラス以上向けのラウンジでは利用できませんが、世界500都市1200か所以上の空港ラウンジで利用できるパスは格安一人旅には欠かせません。