【プーケット空港(HKT)】東洋のセントマーチン!
ナイヤンビーチへのアクセスと画像を紹介

知られざる飛行機撮影スポット、ナイヤンビーチ

航空ファンの憧れの地といえば、セントマーチン島プリンセスジュリアナ空港。


kumari
セントマーチン島は日本から26時間ですが、タイのプーケットにあるナイヤンビーチでも綺麗な海と飛行機を絡めて撮影できるようなので行って来ました。

プーケットならドンムアン空港からたったの1時間半で行けるので、予算的にも時間的にも行きやすいですよね。
Twitterでもつぶやかれています。

ナイヤンビーチへの行き方

さて、このナイヤンビーチ。
海側(R/W09)から着陸する飛行機は観光名所でもあるのか、
Google Mapにも「viewpoint」と載っていますね!

今回はその「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」までの行き方、実際の画像を紹介します。

ナイヤンビーチはシリナート国立公園の敷地内にあり、
ゲート(黄色印)で入場料200THB(約670円)を払って行きます。

ターミナルから歩いて(赤線)チェックポイント(黄色)でお金を払い、
砂浜を歩いて(青線)行くのが最短ルートとなります。

まずはターミナルを南に進みます。
エアアジアのスタッフがいますねw

謎のX Terminalという新ターミナルを左手に南に進み、丁字路を右折します。

あとはまっすぐ進むだけ。
左手にはいろんなお店が並んでいます。


バンコクから乗ってきたタイ航空のB747が再びバンコクに向けて飛んでいきました。

少し進むと看板が出てきます。

ナイヤンビーチの看板も。

ここがチェックポイント。


大人一人200THB、子供100THBです。


チェックポイントを進むと石碑があるので右に進みます。

こんな感じです。

もうそこはビーチ。
この先がナイヤンビーチとなります。

実際のナイヤンビーチ

さて、どんな絶景が見られるのか?
期待度はMAXですね!!!!

 

 

美しい海…のはずが、天候の影響で大荒れ

 

希望だけを胸にここまできたのに…
疲労感がどっと押し寄せる瞬間です…。
波が強く、ゴミが大量に押し寄せられてきています。
有名な海側からの着陸が最高なポイントであろう場所も
満潮でほぼ砂浜がないような雰囲気・・・。
制限区域の看板も。
すると飛行機の音が…!

おわかりですか?

そう、逆ランです
海側からの着陸ではないので、あの「東洋のセントマーチン島プリンセス・ジュリアナ空港」感を
感じることができません・・・泣

残念ながら使用滑走路はR/W09ではなく、R/W27でした

仕方なく上がりの写真のみを撮ることに。

タイ・エアアジア(AirAsia/AIQ)A320

タイ NAVY Dornier 228

アエロフロート・ロシア(AeroFlot/AFL)A330-300


あまりの暑さと逆ランということでナイヤンビーチでの飛行機撮影は
これくらいしかしていません。

超不完全燃焼!!!!!!

kumari
何がなんでも着陸する飛行機を撮影したいと思い、
炎天下の中、無謀にも3000mある滑走路の反対R/W27側に向かう決意をしたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。