カーテンの外は滑走路!部屋から飛行機が見えるセントレアホテルパシフィックサイド宿泊レポート

空港ターミナルビルと一体化したホテル

kumari
中部国際空港(愛称:セントレア)のターミナルビルと一体化したセントレアホテルに宿泊しました。

最高のアクセスと部屋から飛行機が見えることが最大の魅力のホテルです!


セントレアホテル宿泊情報

宿泊日

2020年5月

予約プラン・部屋タイプ・料金

飛行機見学っっ♪エアポートビューステイ
パシフィックサイド スタンダードダブル【禁煙】【高層階】
14,000円(税込)

抜群のアクセス

中部国際空港駅の改札から100m空港チェックインカウンターまで130mの至近距離にあり、段差のないバリアフリーで結ばれています。

右に空港の出発ロビーと到着ロビー。

左にセントレアホテルがあります。

この先にもうホテルのフロントがあるといった抜群のアクセスです。

すぐ横には24時間営業のファミリーマートがあるので買い物にも困ることもありません。

エントランス・ロビー

訪れたのはコロナ禍真っただ中の2020年5月。

ビュッフェスタイルの朝食は定食での提供に変わっていました。
今回は朝食なしプランです。

かなり豪華なエントランス。

フライトインフォメーションがあるのは空港ホテルならではですね。

新型コロナウイルスの影響により国際線は全滅でした。

奥にはゲストラウンジ。

ホテル利用者はコーヒーマシン・マッサージチェア・書籍などを無料で利用することができます。

2018年オープンのPacific Side

今回宿泊するのは2018年10月にオープンしたばかりのPacific Side(パシフィックサイド)。
この自動扉の向こうにあるため、ロビーのあるCentral Side(セントラルサイド)からはルームキーをかざして進みます。

Pacific Sideの宿泊客しか通ることが許されない自動扉となっているため、少し優越感がありますね。

3階のロビーから最上階11階へ。

館内はとても清潔できれいです。

飛行機が見えるPacific Sideエアポートビュー

それでは今回の部屋、1154の室内へ。広さは24㎡です。

洗面・バス・トイレ

全て独立した洗面・バス・トイレ。

浴槽と洗い場を備えたお風呂はGROHE EUPHORIAシャワーシステムというものが導入されており、とっても柔らかい水流で癒されます!

洗面も清潔にされていますね。

ウォシュレット付きのトイレ。

ベッドルーム


クイーンサイズ(160cm×200cm)のベッド。

壁に描かれた世界地図が国際空港直結のホテルの雰囲気を醸し出しています。

下部に金庫が備わったソファ。

机にはお茶とお水も用意されています。

部屋から飛行機撮影

セントレアホテルの魅力の一つ、部屋からの飛行機撮影!

壁一面のワイドウィンドウからはターミナルビルとその向こうにエプロンと滑走路が見えます。

この時はコロナ禍で、発着はほとんどなく、運航されることのない駐機中の飛行機ばかりでした。

翌朝も寝起きから撮影。

1ターミナルビル。

残念ながらこのターミナルビルがあるので、部屋からは滑走路はR/W36側、エプロンは国際線側しか見えません。

唯一撮れた貨物便運用のチャイナエアラインA330-300。

kumari
離着陸がほとんどない時期に訪れましたが、ここも立派な撮影スポットですよね!

空調の効いた部屋でエアバンドを聞きながら飛行機撮影はいかがでしょうか?



【基礎知識1】これを見れば航空無線用語がわかる!空港でエアバンドを聞こう。フォネティックコードとコールサイン一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。