日本の誇り!新明和工業製作「救難飛行艇US-1/US-2」

今日は日本テレビ系特番「生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイム」にて
辛坊さんの遭難事故の真相が分かる映像が生々しく放送されました。
改めてUS-2のすごさが分かる映像でしたね。

世界で唯一の救難飛行艇

さて、海上自衛隊が運用する救難飛行艇US-1US-2!!

新明和工業株式会社が製作しており、本社は兵庫県宝塚市新明和町。
会社名が地名になっています。
(大阪府池田市のダイハツ町いあるダイハツ工業と同じですね)

救難飛行艇US-1やUS-2を製作する他に
パッセンジャー・ボーディングブリッジの製作もしているんですよ。
空港に行くとShinMaywaの文字が確認できるはず。

私たちの地元、神戸には新明和工業の航空機事業部甲南工場があり
海に隣接しているため、ここからUS-1やUS-2が離着陸ならぬ「離着水」します。
IMG_0604

この日、US-2に動きがありそうだったため、撮影に。
残念ながらUS-2はいませんでしたが、格納庫の中にUS-1がいました。
IMG_0692
IMG_0652

ここが海への出入りをするスロープ。
IMG_0606
この日は結局動きはなく、離着水を見ることはできませんでした。

しかし!
離着水ではないですが、US-2を撮影しました!!
IMG_1220
新明和工業甲南工場から海上自衛隊徳島航空基地まで飛行する際、
神戸空港上空を通過するんです。
(細かく言うと、神戸空港の滑走路を横断する感じ)
IMG_1223
イレギュラーに運航される機体なのでなかなかレアですね。
現在運行中なのは4機。
(この日以来、GETできたことはありません。泣)

最後にUS-2のスペックを。

乗員:11名
全長:33.25m
全幅:33.15m
全高:10.06m
最大離着陸重量:47.7t
最大離着水重量:43.0t
最大速度:約580km/h
巡航速度:約470km/h
航続距離:4,700km
離水滑走距離:280m
着水滑走距離:310m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。