フライトの記録を残すアプリ「FLIGHT DIALOG」配信中

【関東】大島空港(OIM/RJTO)飛行機写真撮影スポット

たーびん
定期便は新中央航空のドルニエと東京愛らんどシャトルのヘリコプターしか飛んでいない東京都営の大島空港。
かつてはANAのジェット機も運航されていたため発着機材の割りに空港施設は充実しており、本州からも近いため高速線と競合しています。

2021年に愛称が“東京大島かめりあ空港”と命名されました。

大島空港(OIM/RJTO)撮影スポット

大島空港基本情報

空港コード
(IATA/ICAO)
OIM/RJTO
所在地東京都大島町
運用時間08:30〜17:30(3月〜9月)
08:30〜16:30(10月〜2月)
滑走路
(長さ×幅)
1800×45m
滑走路
(方向)
03/21
航空無線
周波数
RDO 118.6 126.2
東京COM 133.70 133.35 309.4 312.0

【A】展望デッキ

場 所ターミナルビル3階
駐車場あり(空港駐車場)
トイレあり(ターミナルビル)
自販機あり(ターミナルビル)
その他駐機中の航空機や滑走路上の航空機など空港全体を見渡すことができる。
柵も低いため撮影環境は良好。
午前中順光。

【B】搭乗口(番外編)

場 所ターミナルビル2階
駐車場
トイレあり
自販機
その他これから乗る飛行機が目の前に見える。
ガラス越しの撮影となる。

【C】エプロン(番外編)

場 所空港の駐機場
駐車場
トイレ
自販機
その他現在運航されている機材は全てボーディングブリッジを使用しないため、エプロン上を歩いての搭乗となるため、降機時や搭乗時に飛行機を間近で見ることができる。

搭乗記

東邦航空(THK)

  • 機材 シコルスキーS-76C+
  • 路線 八丈島→大島

新中央航空(CUK)

  • 機材 ドルニエDo228NG
  • 路線 大島→調布

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。