【九州】宮崎空港(KMI/RJFM)飛行機写真撮影スポット

kumari
市街地に近く、地方空港には珍しく鉄道(JR)が乗り入れている空港です。
航空大学校がありパイロットの養成が行われており、愛称は「宮崎ブーゲンビリア空港」です。

宮崎空港(KMJ/RJFM)撮影スポット




空港基本情報

空港コード
(IATA/ICAO)
KMI/RJFM
所在地宮崎県宮崎市
運用時間7:30〜21:30
滑走路
(長さ×幅)
2500×45m
滑走路
(方向)
09/27
航空無線
周波数
TWR 118.3(P) 126.2 123.6
GND 121.9
APP 121.4(P) 120.9
DEP 120.1 121.4
ATIS 126.8

【A】展望デッキ

場 所ターミナルビル屋上 エアプレインパーク「飛行機のある展望公園」
駐車場あり(空港駐車場)
トイレあり(ターミナルビル)
自販機あり(ターミナルビル)
その他航空大学校の訓練機が展示してある。
ワイヤーで覆われているためフェンスに比べて撮影しやすく、終日順光。

【B】外周ポイント(1)


場 所空港北側沿いの道路
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
その他フェンスはそんなに高くはないが、脚立があった方がいい。
ターミナル方面はあまり見えなく、南向きにあるため基本的に逆光。

【C】外周ポイント(2)

場 所空港北側ファニチャー横山付近
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
その他管制塔の滑走路を挟んだ正面に位置し、終日逆光。
要脚立。

 

【全66空港掲載!】全国空港飛行機撮影スポットマップ+海外空港飛行機撮影スポット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー