香港国際空港でA330-900neoを撮影!!パート2

スポンサーリンク

香港国際空港の展望デッキで撮影後、
フライトの時間が近づいていたため、出国手続きをした搭乗エリアへ。

さっき着陸したA330-900neoがスポット1付近に行ったのが見えたので
保安検査終了後に探してみるとすぐに見つかりました。
どーーん!!

TAPポルトガル航空の塗装に「A330neo」の文字。
機体番号は「F-WWKM」エアバスの本社フランスの国籍番号ですね。

さて、展望デッキでは数名の日本人を確認できましたが、
この機体をこのくらい近くで撮影した日本人はいるのでしょうか?
というくらいすごい場面との遭遇でした!!

左前から。

正面から。

右前から。

前回の記事でも書きましたが、塗装はTAPポルトガル航空。
まだ商用運航はされておらず、実証飛行試験ツアーの真っ最中です。

このツアーでは、5大陸・15都市を周り、150飛行時間のフライトを予定しているようですよ。


黒く塗られたコックピットの窓、しなやかに反りあがった翼端はA350とそっくり!

機体後方には「A330neo FIRST TO FLY」
TAPポルトガル航空がこのA330-900neoのローンチカスタマーです。

最後にもう一度この機体を拝み、自身の搭乗口に行ったのでした。

名残惜しかったですけどね・・・。

関連記事

旅先のスタンプやチケット、どうしてますか?



捨ててないのに、どこいった?

「フライトの記録+旅の記録」

飛行機ガチ勢用、旅人用、お子さま用。
デザインいろいろ
全8種類



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。